5.20212.812
5.20212.812

チャート:チャートの要素

FlexChartは、オブジェクトモデルを使用してカスタマイズできる要素で構成されています。次の要素があります。

  • PlotArea:軸内の領域。
  • ChartArea:コントロールの内部で軸の外部の領域。
  • Legend:チャートの凡例。通常は、プロット領域の右側に配置されます。
  • Header:チャートのヘッダー。プロット領域の上。
  • Footer:チャートのフッター。プロット領域の下。
  • AxisX:X軸。通常は水平です。
  • AxisY:Y軸。通常は垂直です。
  • Series:チャートのカスタマイズに使用可能なSeriesオブジェクトのコレクション。FlexChartは、チャートのitemsSourceに基づいて、系列コレクションに自動的に項目を挿入します。
  • SeriesSymbol:チャート系列内のシンボル。
  • DataLabel:データポイントに添付されたラベル。

チャート要素

チャートの追加要素

通常のチャートのほかに、次の方法でチャートに要素を追加できます。

  • events:renderingイベントとrenderedイベントを使用すると、任意の要素を通常のチャート要素の背景または前景に追加できます。詳細については、イベントを参照してください。
  • annotations:wijmo.chart.annotation拡張を使用すると、データポイントやチャート領域に注釈(図形またはテキスト)を追加できます。詳細については、注釈を参照してください。
  • analytics:wijmo.chart.analytics拡張を使用すると、近似曲線や移動平均をチャートに追加できます。詳細については、近似曲線を参照してください。
  • plotAreas:plotAreasプロパティを使用すると、同じヘッダー、フッター、凡例、および共有軸を使用して、複数のプロット領域をチャートに追加できます。詳細については、複数のプロット領域を参照してください。