5.20193.637
5.20193.637

Wijmoへようこそ

Wijmoは、新世代のJavaScriptコントロールです。最新のHTML5技術を活用する一方で、従来のブラウザもこれまでどおりサポートしています。その結果、コントロールは以前より大幅に高速、軽量で、使用しやすくなっています。

Wijmoは、ECMAScript 5にのみ依存しています。このため、jQuery、jQuery UIなどの他のフレームワークを使わずに単独で使用できます。

Wijmoは次の技術を活用しています。

  • ECMAScript5:ECMAScript 5標準では、プロパティゲッター/セッターのサポートが追加されています。これは小さな変更のようですが、大きな違いをもたらします。ECMAScript 5標準には、ほかにも多くの機能強化が行われています。たとえば、bindメソッドを使用して、コールバックで「this」パラメータ値を指定できます。また、時間を大幅に短縮できる新しい配列メソッドもあります。
  • SVG:最新のブラウザはSVGを実装しており、目を見張るようなデータのビジュアル表現を簡単に作成できます。WijmoはSVGを直接活用しています。従来のブラウザをサポートする場合に必要なオーバーヘッドはありません。
  • TypeScript:WijmoはTypeScriptで開発されており、型チェックやOOPの概念(モジュール、クラス、継承など)を利用しています。提供されるモジュールは純粋なJavaScriptなので、開発作業ではどちらの言語も使用できます。
  • モバイルデバイス:Wijmoは、開発当初から、モバイルブラウザのサポートを組み込むことを前提に設計されました。すべてのWijmoコントロールの設計と実装において、レスポンシブレイアウトとタッチ操作のサポートは重要な考慮事項でした。
  • Angular:AngularJSは、現在、最もよく使用されている強力なJavaScriptアプリケーションフレームワークの1つです。Wijmoは、Angular 1.xをリリース以来サポートしており、Angular 2はリリース前からサポートしています。詳細については、「AngularJSアプリケーションでのWijmoの使用」を参照してください。
  • JavaScriptフレームワーク:Wijmoは、Angular、React、Vueなどの主要なJavaScriptフレームワークをサポートしています。オンラインデモでは、各種フレームワークのサンプルを公開しています。
  • Bootstrap:Bootstrapは、強力で使用しやすい、最も人気のあるCSSフレームワークの1つです。Wijmoのサンプルとオンラインドキュメントにもこのフレームワークが使用されています。Bootstrapを使用すれば、手間をかけることなく、きれいにWijmoを組み込むことができます。