実用例サンプル
地図ダッシュボード
フレームワーク: angular react vue
このサンプルは、ArcGISオンラインに接続するサービスを作成して、拡張オブジェクトを介して複数の情報ソースを取得しています。拡張オブジェクトを変更すると、ArcGISオンラインを使用して情報を更新するサービスを呼び出します。 情報はViewModelににバインドされたタイルに表示されます。タイルをクリックすると、地図上の対応する層が表示されます。 サンプルでは、​​Googleのジオコーディングサービスを使用して名前で場所を検索したり、最新のブラウザで利用可能なHTML5の位置情報サービスを使用して現在地に移動することができます。 このAngularJS版のサンプルは特に興味深く、Esriマップをラップするカスタムディレクティブを使用しています。これにより劇的にマークアップが簡素化され、アプリケーション内とアプリケーション間でコンポーネントが再利用可能になります。 また、サンプルではフィルタを使用して、(x、y)から(経度、緯度)の表記に変換する方法を示します。これにより、[-80.02、40.46]の代わりに[40°27'44 "N、80°1'24" W]として座標を表示することができます。
angular
react
vue
ソースコードを表示
ダウンロード