ツリービュー:カスタムノード

formatItemイベントを使用してTreeViewノードの内容をカスタマイズできます。イベントハンドラの引数には、ノードを表す要素と描画されるデータ項目が含まれます。次の例では、formatItemイベントを使用して、ツリー上の新しい項目の右側に「new」バッジを追加しています。