メニュー:階層メニュー

subItemsPathをデータソースの一部であるプロパティ値に設定することによって、Menuコントロールを使用して階層型メニューを作成できます。このサンプルは、階層的なメニューを持ついくつかのMenuコントロールを使用して、サポートされている機能を示します。