グリッド:複数範囲の選択

FlexGridのselectionModeプロパティをMultiRangeに設定して、Excelスタイルの複数範囲選択を有効にします。

ユーザーは、グリッド上でCtrlキーを押しながらクリックしてドラッグすることで、複数の範囲を選択できます。

selectedRangesプロパティは、現在選択されている範囲を含むCellRangeオブジェクトを含む配列を取得します。

このサンプルは、現在の選択範囲(通常または複数範囲)にExcelスタイルの動的データの概要を提供する方法を示しています。

選択した範囲をCSVファイルにエクスポートする方法も示しています。

クリップボードコマンドとエクスポートコマンドは、選択されたすべての範囲が同じ列範囲または同じ行範囲を参照している場合にのみ、複数範囲の選択に対して機能します。(Excelもこのように動作します。)