グリッド:仮想スクロール

以下のサンプルでは、viewRangeプロパティを使用して、単純なタイプの「無限スクロール」を実装しています。ユーザーがグリッドの下部までスクロールすると、グリッドのitemsSourceに項目が追加されます。DOMを調べると、itemsSourceの大きさにかかわらず、DOM要素の数は一定のままであることがわかります。データは「仮想化」されています。