グリッド:CollectionViewの検証

FlexGridは、CollectionViewクラスと連携して、項目およびコレクションレベルの検証を行います。この機能を使用するには、検証対象のデータ項目と検証するプロパティを含む2つのパラメータを取る関数をgetErrorプロパティに設定し、エラー条件を説明する文字列(エラーがない場合はnull)を返します。下のグリッドは、項目の「売上」と「費用」プロパティが正の値を含むことを保証するgetError関数を実装するデータソースとして持っています。検証の仕組みを確認するには、いずれかの列に負の値を入力してみてください。