グリッド:OData

Wijmoには、ODataソースをサポートするためにCollectionViewを拡張するODataCollectionViewクラスが含まれています。ODataは、RESTful APIを構築して使用するための一連のベストプラクティスを定義するOASIS標準です。ODataCollectionViewクラスを使用するには、新しいインスタンスを作成して、データサービスのURL、アクセスするテーブルの名前、取得するフィールド、フィルタ処理/並べ替え/ページングをサーバー上またはクライアント上で行うかどうか、などのオプションパラメータを渡します。