グリッド:無限スクロール

FlexGridは、JavaScriptデータオブジェクトをユーザーが操作できるDOM要素に変換します。多くの場合、データは何千もの項目を含む大きな配列で構成されています。これらの項目のそれぞれにDOM要素を作成すると、ページサイズが大きくなり、動作が遅くなってしまいます。仮想化は、データのどの部分が表示されているかを追跡し、その部分のみを描画する機能です。これにより、ドキュメントツリー内のDOM要素の数が減少し、パフォーマンスが大幅に向上します。FlexGridは、viewRangeプロパティを使用してデータを表示する部分を公開します。ユーザーが画面のサイズを変更したり、グリッドをスクロールすると、viewRangeが更新され、グリッドはその子DOM要素を更新します。