グリッド:編集可能なReduxグリッド

FlexGridは通常、グリッドを介してユーザーが行った変更で、基になるデータ配列を更新します。 このアプローチは、データの不変性を必要とするReduxのような状態管理システムでは機能しません。 この問題は、ImmutabilityProvider拡張コンポーネントを使用することで解決できます。

このコンポーネントは、FlexGridコントロールにアタッチされ、Reduxストアからのデータ配列にバインドされているため、グリッドの動作を次のように変更します。

  • ユーザーがグリッドを介して通常の方法でデータを編集できるようにします(アイテム値の変更、行の追加/削除、テキストの貼り付けなど)。並べ替え、グループ化、フィルタリングなどのすべてのデータ変換操作も許可されます。
  • ユーザーの編集に応じて、グリッドが基になるデータ配列を変更しないようにします。代わりに、データ変更アクションをReduxストアにディスパッチするために使用できるdataChangedイベントをトリガーします。