グリッド:CollectionView

グリッドのitemsSourceプロパティを通常のJavaScript配列に設定すると、内部的にCollectionViewが自動的に作成されてデータソースとして使用されるので、自分でCollectionViewを作成しなくてもソートや編集機能を提供することができます。この内部ビューは、グリッドのcollectionViewプロパティで公開されており、追加の機能が必要な場合に使用することができます。たとえば、下のグリッドは通常の配列に連結され、グリッドのcollectionViewプロパティは現在選択されている項目を表示するために使用されます。