グリッド:カスタム集計

FlexGrid列には、グリッド全体または各グループのデータサマリーを表示できるaggregateプロパティがあります。ただし、場合によっては、aggregateプロパティの柔軟性が十分ではなく、カスタムコードを使用して集計を計算する必要があります。下のグリッドには、「売上」と「費用」の差分を示す「利益」列が含まれています。「利益」列はformatItemイベントで計算されます。通常のデータ項目の利益は実際のデータ項目に基づいています。グループの利益は、グループのgetAggregateメソッドを使用して計算されます。