クリップボード

FlexGridはデフォルトでクリップボードをサポートします。 Ctrl+Cを押すと現在の選択がクリップボードにコピーされ、Ctrl+Vを押すとクリップボードの内容を現在のカーソル位置に貼り付けます。

autoClipboardプロパティをfalseに設定すると、自動クリップボードを無効にできます。

copyHeadersプロパティを使用して、クリップ文字列にヘッダーセルのコンテンツを含めるかどうかを決定できます。 これは、グリッドにデータを貼り付けるときに通常はヘッダー情報を含めるべきではないため、読み取り専用グリッドで特に役立ちます。

FlexGridから範囲をコピーして、テキストエディタやExcelシートに貼り付けてみてください。