チャート:ヒットテスト

FlexChartは、そのオブジェクトモデルを使用してカスタマイズできる要素で構成されています。要素は次のとおりです。

  • PlotArea: 軸内の領域です。
  • ChartArea: コントロール内の、軸の外側の領域です。
  • Legend: グラフの凡例。通常はプロット領域の右側に表示されます。
  • Header: グラフヘッダー、プロット領域の上。
  • Footer: グラフフッター、プロット領域の下。
  • AxisX: X軸です。通常は水平です。
  • AxisY: Y軸です。通常は垂直です。
  • Series: チャート系列。
  • SeriesSymbol: チャート系列のシンボル。
  • DataLabel: データ点に付けられたラベル。

hitTestメソッドを使用して、マウスの下にあるグラフ領域を特定できます。