チャート:アラームゾーン

FlexChartのrenderingおよびrenderedイベントを使用して、通常のチャート要素の後ろまたは上に任意の要素を追加できます。

たとえば、以下のチャートでは、チャートのrenderingイベントハンドラで作成された「危険」ゾーンと「安全」ゾーンがあります。