5.20193.637
wijmo.vue2.core Wijmo API モジュール

wijmo.vue2.core モジュール

Vue 2用のWijmo相互運用モジュール。

このモジュールは、Wijmoコントロールをカプセル化したVue 2コンポーネントを提供します。

これを使用するには、Vue 2フレームワーク(RC6以上)への参照、 および 通常のWijmo CSSファイルとjsファイルをアプリケーションに含める必要があります。

VueページにWijmoコントロールを追加するには、 HTMLファイルに適切なタグを含めます。 たとえば、次のコードは、 Vueページに InputNumber コントロールを追加します。

<wj-input-number
format="c2"
placeholder="Sales"
:value="sales"
:value-changed="salesChanged"
:min="0"
:max="10000"
:step="100"
:is-required="false">
</wj-input-number>
// Wijmoイベントハンドラ
// InputNumber値と比較する"sales"値を更新します 
function salesChanged(sender, eventArgs) {
this.sales = sender.value;
}

この例は、次の重要なポイントを示しています。

  1. Wijmoコントロールのタグ名は、"wj"プリフィックスで始まり、 その後に 英小文字とハイフン区切り文字を使用したコントロール名が続きます。
  2. タグ属性名は、コントロールのプロパティやイベントと同じです。
  3. 属性名の前のコロンは、属性値がJavaScript式として 解釈されることを示します ( :min="0"など)。
  4. イベントハンドラは、通常のプロパティと同様に指定します ( :value-changed="salesChanged"など)。
  5. Vue2では、すべての連結が一方向です。上の例では、"salesChanged" イベントハンドラは、 モデル内の"sales"プロパティの値を更新します。 これはVue 1からの変更点です。 Vue 1では、どのような属性にでも ".sync"サフィックスを追加することで、双方向連結を作成できます。

すべてのWijmo Vueコンポーネントには、"initialized"イベントがあります。 これは、コントロールがページに追加されて初期化された後に発生します。 このイベントを使用して、マークアップでプロパティを設定するほかに、 追加的な初期化を実行できます。次に例を示します。

<wj-flex-grid :initialized="initGrid">
</wj-flex-grid>
// Vue アプリケーション
var app = new Vue({
el: '#app',
methods: {
    initGrid: function(s, e) {
    // グリッドにカスタムMergeManagerを割り当てます
    s.mergeManager = new CustomMergeManager(s);
    }
}
});

変数

WjFormat

WjFormat: any

グローバル化された書式設定を日付や数値に適用するVueフィルタ。

たとえば、次のコードは、 wj-format フィルタを使用して、 現在のWijmoカルチャに基づいて数値を通貨値として書式設定し、 日付を短い日付として書式設定します。

<p>value: {​{ theAmount | wj-format('c') }}</p>
<p>date: {​{ theDate | wj-format('d') }}</p>

WjInclude

WjInclude: any

特定のHTMLフラグメントをドキュメントに含めるVueコンポーネント。

wj-include コンポーネントは、ドキュメントにロードおよび挿入するファイルを指定する src 属性を受け取ります。次に例を示します。

<wj-popup control="modalDialog" :modal="true" :hide-trigger="None">
<wj-include src="includes/dialog.htm"></wj-include>
</wj-popup>