5.20193.637
IWorkSheet Wijmo API インターフェイス

IWorkSheet インターフェイス

シートのプロパティとデータを含むワークブックオブジェクトモデルのシート定義を表します。

シートのセルは行オブジェクトに格納され、 sheet.rows[i].cells[j]のようなJavaScript式を使用してアクセスできます。

階層

  • IWorkSheet

Implemented by

プロパティ

オプション columns

columns: IWorkbookColumn[]

シートの列定義の配列を取得または設定します。

列内の各WorkbookColumn オブジェクトは、xlsxシート内の対応する位置にある列を記述します。 つまり、インデックス0の列はxlsxシートのインデックスAの列に対応し、インデックス1のオブジェクトはシートのインデックスBの列に対応します。 xlsxファイルに特定の列の記述が存在しない場合、対応する配列要素は、 エクスポート操作とインポート操作のどちらでも未定義になります。

配列内のIWorkbookColumn オブジェクトでwidthプロパティの値が指定されていない場合は、デフォルトの列幅が適用されます。

オプション frozenPane

固定ペインの設定を取得または設定します。

オプション name

name: string

シート名を取得または設定します。

オプション rows

rows: IWorkbookRow[]

シートの行定義の配列を取得または設定します。

配列内の各IWorkbookRow オブジェクトは、xlsxシート内の対応する位置にある行を記述します。 つまり、インデックス0の列はxlsxシートのインデックスAの行に対応し、 インデックス1のオブジェクトはシートのインデックスBの行に対応します。 xlsxファイルに特定の行の記述が存在しない場合、対応する配列要素は、 エクスポート操作とインポート操作のどちらでも未定義になります。

配列内のIWorkbookRow オブジェクトでheight プロパティの値が指定されていない場合は、デフォルトの行の高さが適用されます。

オプション style

シートのスタイルを取得または設定します。

このプロパティは、ワークシート内のすべてセルのスタイルを定義し、指定されたセルスタイルによってオーバーライドできます。

オプション summaryBelow

summaryBelow: boolean

サマリー行を詳細行の下に表示するか、上に表示するかを示す値を取得または設定します。

オプション tables

tables: IWorkbookTable[]

このワークシートでのテーブルを取得します。

オプション visible

visible: boolean

ワークシートの表示/非表示を取得または設定します。