5.20201.680
wijmo.xlsx Interface IWorkbook Wijmo API インターフェイス

IWorkbook インターフェイス

Excelワークブックを表します。 このインタフェースは、Excelワークブックオブジェクトモデル(WOM)のルートとして、 xlsxファイルに格納されるプロパティやデータを定義する方法を提供します。

xlsxファイルを作成するには、Workbook オブジェクトを作成し、 WorkSheetWorkbookColumnWorkbookRowWorkbookCell の各オブジェクトを挿入します。

xlsxファイルを保存するには、Workbook.save メソッドを使用します。これは、ブックをファイルに保存するか、base64文字列とし て返すことができます。

既存のxlsxファイルをロードするには、 Workbook.load メソッドを使用してブックに挿入します。

階層

  • IWorkbook

Implemented by

プロパティ

オプション activeWorksheet

activeWorksheet: number

xlsxファイルのアクティブシートのインデックス。

オプション application

application: string

ファイルのプロパティに表示される、このファイルを生成したアプリケーションの名前。

オプション colorThemes

colorThemes: string[]

ワークブックのテーマの色。

オプション company

company: string

ファイルのプロパティに表示される、このファイルを生成した会社の名前。

オプション created

created: Date

xlsxファイルの作成日時。

オプション creator

creator: string

xlsxファイルの作成者。

オプション definedNames

definedNames: IDefinedName[]

定義した名前項目の配列。

オプション lastModifiedBy

lastModifiedBy: string

xlsxファイルの最終更新者。

オプション modified

modified: Date

xlsxファイルの最終更新日時。

オプション reservedContent

reservedContent: any

ワークブックの保留コンテンツ。

sheets

sheets: IWorkSheet[]

Excelワークブックのシートの配列を定義します。

オプション styles

styles: IWorkbookStyle[]

ワークブックのスタイルテーブル。