5.20201.663
IFlexGridXlsxOptions Wijmo API インターフェイス

IFlexGridXlsxOptions インターフェイス

FlexGrid Xlsx変換オプション

階層

  • IFlexGridXlsxOptions

プロパティ

オプション activeWorksheet

activeWorksheet: any

xlsxファイル内のアクティブなシートのインデックスまたは名前。

オプション formatItem

formatItem: Object

エクスポートされたセルごとに呼び出されるオプションのコールバック。 エクスポートされたセルの値およびスタイルの 変換を行うことができます。 コールバックは、includeCellStylesプロパティの値にかかわらず呼び出されます。 ソースグリッドセルに関する情報とエクスポートされるファイルでの表現を定義するIWorkbookCell オブジェクトを提供する XlsxFormatItemEventArgs 型の単一のパラメータがあります。

オプション includeCellStyles

includeCellStyles: boolean

生成されるxlsxファイルにセルのスタイル設定を含めるかどうかを示します。

オプション includeColumnHeaders

includeColumnHeaders: boolean

生成されるxlsxファイルの最初の行に列ヘッダーを表示するかどうかを示します。

オプション includeColumns

includeColumns: Object

エクスポートに入れる、または除外する必要があるFlexGridの列を示すコールバック。

例:

// このサンプルコードでは、'country'列をエクスポートから除外します。
 
// JavaScript
wijmo.grid.xlsx.FlexGridXlsxConverter.save(grid, {
  includeColumns: function(column) {
     return column.binding !== 'country';
  }
}

オプション includeRowHeaders

includeRowHeaders: boolean

生成されるxlsxファイルの最初の行に列ヘッダーを表示するかどうかを示します。

オプション quickCellStyles

quickCellStyles: boolean

オンにすると、IFlexGridXlsxOptions.includeCellStylesプロパティが有効な場合、セルスタイルのキャッシュをアクティブにすることでエクスポートの時間を減少します。

セルのインラインスタイル固有のプロパティ、独自のCSSクラス、およびセルを含む行のCSSクラスの組み合わせがキャッシュタグとして使用されます。セルスタイルが計算される前に、キャッシュが最初にチェックされ、タグに関連付けられたスタイルが見つかった場合、そこから取得され、再計算されません。

このモードを使用すると、多くのセルにCSSクラスとインラインスタイルの一意のセットがある場合、描画が遅くなる可能性があります。 また、:first-childや:nth-childなどの疑似クラスを使用してセルや行のスタイルを設定すると、セルのスタイルが誤って決定されます。

デフォルト値はtrueです。

オプション sheetIndex

sheetIndex: number

ワークブック内のシートのインデックス。どのシートをインポートするかを示します。

オプション sheetName

sheetName: string

シートの名前。 インポートする際、どのシートをインポートするかを示します。sheetIndexとsheetNameの両方が設定されている場合、sheetNameがsheetIndexより優先されます。 エクスポートするワークシートの名前を設定します。

オプション sheetVisible

sheetVisible: boolean

シートの表示状態。