5.20193.637
IFlexGridDrawSettings Wijmo API インターフェイス

IFlexGridDrawSettings インターフェイス

FlexGridPdfConverter.draw および FlexGridPdfConverter.drawToPosition メソッドによって使用される設定を表します。

階層

プロパティ

オプション customCellContent

customCellContent: boolean

カスタムセルの内容とスタイルを評価およびエクスポートするかどうかを示します。 trueに設定すると、エクスポートロジックにより、 cell.textContentプロパティを使用してセルの内容が取得され、 getComputedStyle(cell)を使用してセルのスタイルが取得されます。 デフォルトは'undefined'(false)です。

オプション drawDetailRows

drawDetailRows: boolean

詳細行を描画するかどうかを示します。 このプロパティがfalseの場合、詳細行は無視されます。 それ以外の場合は、詳細行は空になり、内容をformatItemイベントハンドラを使用して手動で描画する必要があります。 デフォルトは'undefined'(false)です。

オプション embeddedFonts

embeddedFonts: IPdfFontFile[]

ドキュメントに埋め込まれる独自フォントの配列を表します。

次のサンプルは、FlexGridPdfConverterを設定して、2つの独自フォント (Cuprum-Bold.ttfとCuprum-Regular.ttf)を使用する方法を示しています。 最初のフォントはヘッダーセルだけに 適用され、2番目のフォントは残りのすべてのセルに適用されます。

wijmo.grid.pdf.FlexGridPdfConverter.export(flex, fileName, {
   embeddedFonts: [{
      source: 'resources/ttf/Cuprum-Bold.ttf',
      name: 'cuprum',
      style: 'normal',
      weight: 'bold'
   }, {
      source: 'resources/ttf/Cuprum-Regular.ttf',
      name: 'cuprum',
      style: 'normal',
      weight: 'normal'
   }],
   styles: {
      cellStyle: {
         font: {
            family: 'cuprum'
         }
      },
      headerCellStyle: {
         font: {
            weight: 'bold'
         }
      }
   }
});

オプション exportMode

exportMode: ExportMode

エクスポートモードを決定します。

オプション formatItem

formatItem: Function

エクスポートされたセルごとに呼び出されるオプションのコールバック関数。エクスポートされたセルの値およびスタイルの 変換やカスタム描画を行うことができます。

この関数は、最初の引数としてPdfFormatItemEventArgs クラスインスタンスを受け取ります。

カスタム描画の場合は、PdfFormatItemEventArgs.cancel プロパティをtrueに設定してデフォルトのセルコンテンツの描画をキャンセルし、 PdfFormatItemEventArgs.cancelBorders プロパティをtrueに設定してデフォルトのセル境界線の描画をキャンセルします。

wijmo.grid.pdf.FlexGridPdfConverter.export(flex, fileName, {
   formatItem: function(args) {
       // "Country"列の通常のセルの背景色を変更します
       if (args.panel.cellType === wijmo.grid.CellType.Cell && args.panel.columns[args.col].binding === "country") {
           args.style.backgroundColor = 'blue';
       }
   }
});

オプション maxPages

maxPages: number

エクスポートする最大ページ数を決定します。

オプション progress

progress: Function

タスクの進行状況についてフィードバックを提供するオプションの関数。 この関数は単一の引数、0.0から1.0に変わる数値を受け入れます。 この場合、0.0は操作が開始されたことを示し、また1.0は操作が完了したことを示します。

wijmo.grid.pdf.FlexGridPdfConverter.export(flex, fileName, {
   progress: function(value) {
       // 進行状況を処理します。
   }
});

オプション recalculateStarWidths

recalculateStarWidths: boolean

グリッドの幅ではなくPDFページ幅を使用して スターサイズの列の幅を再計算するかどうかを示します。

オプション repeatMergedValuesAcrossPages

repeatMergedValuesAcrossPages: boolean

結合範囲が複数のページに分かれた場合に、結合値を複数の ページに繰り返し表示するかどうかを示します。

オプション styles

エクスポートされたFlexGrid のルックアンドフィールを表します。