v5.20191.603
|

Aggregate 列挙型

値のグループに対して計算を行う集計のタイプを指定します。

メンバー

Avg

Avg: = 3

グループ内の数値の平均値を返します。

Cnt

Cnt: = 2

グループ内のnullでない値の数を返します。

CntAll

CntAll: = 11

グループ内のすべての値の数を返します(nullを含む)。

First

First: = 12

グループ内の最初のnullでない値を返します。

Last

Last: = 13

グループ内の最後のnullでない値を返します。

Max

Max: = 4

グループ内の最大値を返します。

Min

Min: = 5

グループ内の最小値を返します。

None

None: = 0

集計なし。

Rng

Rng: = 6

グループ内の最大の数値と最小の数値の差を返します。

Std

Std: = 7

グループ内の数値の標本標準偏差を返します(n-1に基づく数式を使用します)。

StdPop

StdPop: = 9

グループ内の数値の母標準偏差を返します(nに基づく数式を使用します)。

Sum

Sum: = 1

グループ内の数値の合計を返します。

Var

Var: = 8

グループ内の数値の標本分散を返します(n-1に基づく数式を使用します)。

VarPop

VarPop: = 10

グループ内の数値の母分散を返します(nに基づく数式を使用します)。