5.20221.842
wijmo.react.grid Class FlexGrid Wijmo API クラス

FlexGrid クラス

wijmo.grid.FlexGrid コントロールに対応するReactコンポーネント。

flex-grid コンポーネントには、子コンポーネントの wijmo.react.grid.detail.FlexGridDetailwijmo.react.grid.filter.FlexGridFilterwijmo.react.grid.immutable.ImmutabilityProviderwijmo.react.grid.FlexGridColumnwijmo.react.grid.FlexGridColumnGroup および wijmo.react.grid.FlexGridCellTemplate が含まれる場合があります。

本コンポーネントでは、純粋なJavaScript wijmo.grid.FlexGrid クラスのすべてのプロパティとイベントがサポートされます。

これには、コントロールがページに追加された後で初期化されるときに発生するinitializedイベントが含まれます。 このイベントを使用し、JSXでプロパティを設定するだけでなく、さらに初期化を実行できます。 ハンドラー関数のシグネチャは、他のWijmoイベントハンドラーと同じです。

次の例では、JSXでwijmo.grid.FlexGridコントロールを インスタンス化して初期化する方法を示しています。

<Wj.FlexGrid
  autoGenerateColumns={ false }
  columns={[
    { binding: 'name', header: 'Name' },
    { binding: 'sales', header: 'Sales', format: 'c0' },
    { binding: 'expenses', header: 'Expenses', format: 'c0' },
    { binding: 'active', header: 'Active' },
    { binding: 'date', header: 'Date' }
  ]}
  itemsSource={ this.state.data } />

上記のコードは、autoGenerateColumnsプロパティをfalseに設定し、次にcolumnsプロパティを設定し、最後にitemsSourceプロパティを設定します。 この順序は、グリッドが列を自動的に生成するのを防ぐため、重要です。

階層