5.20193.637
FlexChart Wijmo API クラス

FlexChart クラス

wijmo.chart.FlexChart コントロールをカプセル化するReactコンポーネント。

次の例は、JSXでwijmo.chart.FlexChart コントロールをインスタンス化して初期化する方法を示します。

<Wj.FlexChart
  itemsSource={ this.state.data }
  bindingX="name"
  header={ this.state.header }
  footer={ this.state.footer }
  axisX={​{ title: this.state.titleX }}
  axisY={​{ title: this.state.titleY }}
  legend={​{ position: this.state.legendPosition }}
  series={[
      { name: 'Sales', binding: 'sales' },
      { name: 'Expenses', binding: 'expenses' },
      { name: 'Downloads', binding: 'downloads', chartType: 'LineSymbols' }
  ]} />

このコードは、チャート化するデータを含むコレクションを itemsSource プロパティに設定し、 チャートのX値として使用するデータプロパティの名前を bindingX プロパティに設定します。

また、 header プロパティと footer プロパティを設定してチャートタイトルを指定し、 チャートの軸と凡例をカスタマイズします。

最後に、チャートに表示するデータ項目を指定する配列を series プロパティに設定します。

階層