5.20193.637
PdfWebWorkerClient Wijmo API クラス

PdfWebWorkerClient クラス

Web Workersで利用できる、FlexGridをPDFにエクスポートするか、またはPDFを生成するクライント側のメソッドを表します。

階層

  • PdfWebWorkerClient

メソッド

静的 addGrid

  • PDFドキュメントを生成するためにWeb Workersで使用できる名前付きのFlexGridを追加します。 このメソッドは PdfWebWorkerClient.export メソッドと組み合わせて使用する必要があります。

    引数

    • worker: Worker

      データの送信先のWeb Workersのインスタンス。

    • grid: grid.FlexGrid

      グリッド。

    • name: string

      グリッドに関連付けられた名前。

    • settings: IFlexGridDrawSettings

      描画の設定。

    戻り値 void

静的 addImage

  • addImage(worker: Worker, image: string, name: string, settings: pdf.IPdfImageDrawSettings): void
  • PDFドキュメントを生成するためにWeb Workersで使用できる名前付き画像を追加します。 このメソッドは PdfWebWorkerClient.export メソッドと組み合わせて使用する必要があります。

    引数

    • worker: Worker

      データの送信先のWeb Workersのインスタンス。

    • image: string

      画像の取得元のURLを含む文字列、またはBase64エンコード画像を含むデータURI。

    • name: string

      画像に関連付けられた名前。

    • settings: pdf.IPdfImageDrawSettings

      画像の描画設定。

    戻り値 void

静的 addString

  • addString(worker: Worker, value: string, name: string): void
  • PDFドキュメントを生成するためにWeb Workersのコードで使用できる名前付き文字列を追加します。 このメソッドは PdfWebWorkerClient.export メソッドと組み合わせて使用する必要があります。

    引数

    • worker: Worker

      データの送信先のWeb Workersのインスタンス。

    • value: string

      値。

    • name: string

      文字列に関連付けられた名前。

    戻り値 void

静的 export

  • export(worker: Worker, settings: any, done: Function, progress?: Function): void
  • バックグラウンドスレッドでPDFをエクスポートします。

    引数

    • worker: Worker

      エクスポートコードを実行するWeb Workersのインスタンス。

    • settings: any

      PdfDocument の初期設定を含むオブジェクト。

    • done: Function

      描画が完了した時に呼び出すコールバック関数。 この関数は単一のパラメーターとして、PdfWebWorkerExportDoneEventArgs クラスのインスタンスを受け取ります。

    • オプション progress: Function

      エクスポートの進行状況についてフィードバックを提供するオプションの関数。 この関数は単一のパラメーター、0.0から1.0に変わる数値を受け入れます。 この場合、0.0は操作が開始されたことを示し、また1.0は操作が完了したことを示します。

    戻り値 void

静的 exportGrid

  • exportGrid(worker: Worker, grid: grid.FlexGrid, fileName: string, settings: IFlexGridExportSettings, done?: Function, progress?: Function): void
  • FlexGrid をバックグラウンドスレッドでPDFにエクスポートします。

    引数

    • worker: Worker

      エクスポートコードを実行するWeb Workersのインスタンス。

    • grid: grid.FlexGrid

      エクスポートするFlexGrid インスタンス。

    • fileName: string

      エクスポートするファイルの名前。

    • settings: IFlexGridExportSettings

      エクスポートの設定。

    • オプション done: Function

      エクスポートが完了した時に呼び出すオプションのコールバック関数。 この関数は単一のパラメーターとして、PdfWebWorkerExportDoneEventArgs クラスのインスタンスを受け取ります。

    • オプション progress: Function

      エクスポートの進行状況についてフィードバックを提供するオプションの関数。 この関数は単一のパラメーター、0.0から1.0に変わる数値を受け入れます。 この場合、0.0は操作が開始されたことを示し、また1.0は操作が完了したことを示します。

    戻り値 void

静的 serializeGrid

  • FlexGridをArrayBufferにシリアル化します。 シリアル化されたデータは、postMessageメソッドを使用してWeb Workersに送信できます。

    引数

    • grid: grid.FlexGrid

      シリアル化するFlexGrid インスタンス。

    • オプション settings: IFlexGridExportSettings

      グリッドをシリアル化するために使用されるエクスポート設定。

    戻り値 ArrayBuffer