5.20193.637
RangeSelector Wijmo API クラス

RangeSelector クラス

rangeChanged コントロールには範囲セレクタが表示されます。 これを使用して、ユーザーは指定されたFlexChart に表示するデータ範囲を選択できます。

RangeSelector コントロールを使用するには、選択されたデータ範囲を表示するFlexChart コントロールを指定します。

最小または最大値が変更されると、rangeChanged イベントが発生します。 次に例を示します。

 var rangeSelector = new RangeSelector(chart);
 rangeSelector.rangeChanged.addHandler(function () {
    // 関連する更新を実行します
    // たとえば、別のチャートの表示範囲を変更します
    update(rangeSelector.min, rangeSelector.max);
  });

階層

コンストラクタ

プロパティ

メソッド

イベント

コンストラクタ

constructor

  • RangeSelector クラスの新しいインスタンスを初期化します。

    引数

    • chart: FlexChartCore

      選択された範囲を表示するFlexChart

    • オプション options: any

      コントロールの初期化データを含むJavaScriptオブジェクト。

    戻り値 RangeSelector

プロパティ

isVisible

isVisible: boolean

範囲セレクターの表示/非表示設定を取得または設定します。

max

max: number

範囲の最大値を取得または設定します。 設定されていない場合、最大値は自動的に計算されます。

maxScale

maxScale: number

チャート範囲全体の割合として選択できるデータの最大量を取得または設定します。 このプロパティは、0と1の間の値に設定する必要があります。

min

min: number

範囲の最小値を取得または設定します。 設定されていない場合、最小値は自動的に計算されます。

minScale

minScale: number

チャート範囲全体の割合として選択できるデータの最小量を取得または設定します。 このプロパティは、0と1の間の値に設定する必要があります。

orientation

orientation: Orientation

範囲セレクターの向きを取得または設定します。

seamless

seamless: boolean

最小/最大要素を上下にドラッグして反転できるかどうかを決定する値を取得または設定します。

メソッド

onRangeChanged

remove

  • remove(): void
  • チャートからRangeSelector コントロールを削除します。

    戻り値 void

イベント

rangeChanged

rangeChanged: Event<RangeSelector, EventArgs>

範囲が変更された後に発生します。