v5.20192.624
|

AnnotationBase クラス

AnnotationLayer の注釈の基本クラスを表します。

階層

コンストラクタ

constructor

  • AnnotationBase クラスの新しいインスタンスを初期化します。

    引数

    • オプション options: any

      オブジェクトの初期化データを含むJavaScriptオブジェクト。

    戻り値 AnnotationBase

プロパティ

attachment

注釈の添付方法を取得または設定します。

isVisible

isVisible: boolean

注釈の表示/非表示を取得または設定します。

name

name: string

注釈の名前を取得または設定します。

offset

offset: Point

point からの注釈のオフセットを取得または設定します。

point

point: DataPoint

注釈のポイントを取得または設定します。ポイントの座標は、attachment プロパティに依存します。詳細は、AnnotationAttachment を参照してください。

pointIndex

pointIndex: number

注釈のデータポイントインデックスを取得または設定します。 attachment プロパティがDataIndexに設定されている場合にのみ適用されます。

position

注釈の位置を取得または設定します。 位置は、point に対する相対的な位置です。

seriesIndex

seriesIndex: number

注釈のデータ系列インデックスを取得または設定します。 attachment プロパティがDataIndexに設定されている場合にのみ適用されます。

style

style: any

注釈のスタイルを取得または設定します。

tooltip

tooltip: string

注釈のツールチップを取得または設定します。

メソッド

destroy

  • destroy(): void
  • この注釈を破棄します。

    戻り値 void

render

  • この注釈をレンダリングします。

    引数

    • engine: IRenderEngine

      注釈をレンダリングするためのエンジン。

    戻り値 void