5.20193.637
DataLabel Wijmo API クラス

DataLabel クラス

FlexChartのポイントデータラベル。

階層

プロパティ

メソッド

イベント

プロパティ

border

border: boolean

データラベルに境界線を表示するかどうかを示す値を取得または設定します。

connectingLine

connectingLine: boolean

データラベルに境界線を表示するかどうかを示す値を取得または設定します。

content

content: any

データラベルの内容を取得または設定します。

この内容は文字列として指定するほかに、 wijmo.chart.HitTestInfo オブジェクトをパラメーターとして受け取る関数として指定することもできます。

ラベルの内容が文字列の場合、以下のパラメーターを含めることができます。

  • seriesName: データポイントを含む系列の名前(FlexChartのみ)。
  • pointIndex: データポイントのインデックス。
  • value: データポイントのValue
  • x: データポイントのxの値(FlexChartのみ)。
  • y: データポイントのyの値(FlexChartのみ)。
  • name: データポイントのName
  • propertyName: データオブジェクトのプロパティ。

パラメーターは波かっこで囲む必要があります(例: 'x={x}, y={y}')。

以下の例では、データポイントのyの値をラベルに表示します。

 // チャートを作成し、データポイントの上に配置したラベルにyのデータを表示します。
 var chart = new FlexChart('#theChart');
 chart.initialize({
     itemsSource: data,
     bindingX: 'country',
     series: [
         { name: 'Sales', binding: 'sales' },
         { name: 'Expenses', binding: 'expenses' },
         { name: 'Downloads', binding: 'downloads' }],
 });
 chart.dataLabel.position = "Top";
 chart.dataLabel.content = "{country} {seriesName}:{y}";

次の例は、関数を使用してデータラベルの内容を設定する方法を示します。

 // データラベルの内容を設定します。
 chart.dataLabel.content = function (ht) {
   return ht.name + ":" + ht.value.toFixed();
 }

offset

offset: number

ラベルからデータポイントまでのオフセットを取得または設定します。

position

position: LabelPosition

データラベルの位置を取得または設定します。

メソッド

onRendering

イベント

rendering

データラベルをレンダリングする前に発生します。