5.20193.637
WjAutoComplete Wijmo API クラス

WjAutoComplete クラス

AutoComplete コントロール用のAngularJSディレクティブ。

wj-auto-complete ディレクティブは、AngularJSアプリケーションに AutoComplete コントロールを追加する場合に使用します。 ディレクティブ名とパラメーター名の書式は、キャメルケースではなくダッシュで結んだ小文字にする必要があります。 次に例を示します。

<p>AutoComplete コントロール:</p>
<wj-auto-complete
  text="theCountry"
  items-source="countries"
  is-editable="false"
  placeholder="country">
</wj-auto-complete>

次の例では、 AutoComplete コントロールを作成し、コントローラーによって公開された'countries'配列にコントロールをバインドします。

ユーザーが文字を入力すると AutoComplete で自動的に国が検索され、候補が絞り込まれて現在の入力と一致するものだけになります。

Example

The wj-auto-complete ディレクティブは wijmo.angular.input.WjComboBox を拡張したもので、以下の属性を持ちます。

css-match
@ 検索語に一致する部分のハイライトに使用されるCSSクラスの名前。
delay
@ キーストロークが発生してから検索が実行されるまでの遅延(ミリ秒単位)。
items-source-function
= ユーザーの入力に従って項目を動的に提供する関数。
max-items
@ ドロップダウンに表示する項目の最大数。
min-length
@ オートコンプリート候補を提示するために必要な最小限の入力文字列の長さ。

階層