5.20193.637
WjFlexGridColumn Wijmo API クラス

WjFlexGridColumn クラス

Column オブジェクトのAngularJSディレクティブ。

wj-flex-grid-column ディレクティブは、 wijmo.angular.grid.WjFlexGrid ディレクティブ内に記述する必要があります。 次の属性をサポートします。

aggregate
@ この列のグループヘッダ行に表示する Aggregate オブジェクト。
align
@ 列の項目の水平方向の配置を左、右、または中央に設定する文字列値。
allow-dragging
@ ユーザーがマウスで列を新しい位置に移動できるかどうかを示す値。
allow-sorting
@ ユーザーが列ヘッダをクリックして列をソートできるかどうかを示す値。
allow-resizing
@ ユーザーがマウスで列のサイズを変更できるかどうかを示す値。
allow-merging
@ ユーザーが列のセルを結合できるかどうかを示す値。
binding
@ 列がバインドされているプロパティの名前。
css-class
@ 列をレンダリングするときに使用するCSSクラスの名前。
data-map
= 生の値からこの列の表示値への変換に使用する DataMap オブジェクト。
data-type
@ 列に格納されるデータの型を示す DataType 列挙値。
format
@ 生の値からこの列の表示値への変換に使用する書式文字列( Globalize を参照)。
header
@ 列ヘッダに表示する文字列。
input-type
@ 列の値の編集に使用される入力要素を指定するtype属性。 デフォルトは、数値型の列では"tel"、その他のブール型以外の列では"text"です。
is-content-html
@ この列のセルの内容がプレーンテキストではなく HTMLコンテンツであるかどうかを示す値。
is-read-only
@ ユーザーが列の値を編集できないようにするかどうかを示す値。
is-selected
@ 列が選択されているかどうかを示す値。
mask
@ 列の値の編集に使用されるマスク文字列。
max-width
@ 列の最大幅。
min-width
@ 列の最小幅。
name
@ 列名。これを使用して列を取得できます。
is-required
@ 列の値を必ずnull以外にしなければならないかどうかを示す値。
show-drop-down
@ 列の DataMap に基づいて編集するためのドロップダウンボタンを表示するかどうかを示す値。
visible
@ 列が表示されるかどうかを示す値。
width
@ 列の幅(ピクセル単位またはスター値)。
word-wrap
@ 列のセルの内容を折り返すかどうかを示す値。

wj-flex-grid-column ディレクティブ内のHTMLコンテンツは、その列のセル用のテンプレートして扱われます。 テンプレートは通常のセルのみに適用されます。 列ヘッダやグループヘッダなどの特定のセルタイプにテンプレートを適用する場合は、 wijmo.angular.grid.WjFlexGridCellTemplate ディレクティブを参照してください。

次の例では、テンプレートと条件付きスタイルを使用して2つの列を作成します。

Example

wj-flex-grid-column にはディレクティブは wijmo.angular.grid.WjFlexGridCellTemplate の子ディレクティブを含むことができます。

階層

  • WjDirective
    • WjFlexGridColumn