5.20193.637
WjFlexRadar Wijmo API クラス

WjFlexRadar クラス

FlexRadar コントロール用のAngularJSディレクティブ。

wj-flex-radar ディレクティブを使用して、AngularJSアプリケーションにレーダーチャートを追加できます。 ディレクティブ名とパラメーター名の書式は、キャメルケースではなくダッシュで結んだ小文字にする必要があります。

wj-flex-radarディレクティブは、次の属性をサポートします。

binding
@ チャートのYの値を含むプロパティの名前。これは系列レベルでオーバーライドできます。
binding-x
@ チャートのXの値を含むプロパティの名前。これは系列レベルでオーバーライドできます。
chart-type
@ 系列オブジェクトのレンダリング時に使用するデフォルトのチャートタイプ。 これは、系列レベルでオーバーライドできます。RadarChartType を参照してください。
control
= このディレクティブによって作成された FlexRadar コントロールへの参照。
footer
@ チャートフッターに表示するテキスト (プレーンテキスト)。
footer-style
= チャートフッターに適用するスタイル。
header
@ The text to display in the chart header (plain text).
header-style
= チャートヘッダーに表示するテキスト (プレーンテキスト)。
initialized
& このイベントは、属性値でコントロールを初期化して 連結処理が完了した後に発生します。
is-initialized
= 属性値でコントロールを初期化して 連結処理が完了したかどうかを示す値。
interpolate-nulls
@ データにnull値がある場合に、 ギャップを補間するか残すかを示す値。
item-formatter
= データポイントの外観をカスタマイズする 書式設定関数。
items-source
= チャートの作成に使用されるデータを含む配列 または ICollectionView オブジェクト。
legend-toggle
@ 凡例項目をクリックしたときに系列の表示/非表示を 切り替えるかどうかを示す値。
options
= 特定のチャートタイプにのみ適用されるチャートの FlexChart.options
palette
= 各系列の表示に使用されるデフォルトの色を 含む配列。
plot-margin
= コントロールの端からプロット領域までの ピクセル単位のスペース(CSS形式のマージン)。
stacking
@ 系列オブジェクトが積み重ねられているか、 個別にプロットされているかを示す Stacking 値。
reversed
@ 角度を反転(反時計回り)するかどうかを示す FlexRadar.reversed 値。
startAngle
@ レーダーの開始角度(度単位)を示す FlexRadar.startAngle 値。
totalAngle
@ レーダーの合計角度(度単位)を示す FlexRadar.totalAngle 値。
symbol-size
@ Scatter、LineSymbols、SplineSymbolsの各チャートで データポイントの レンダリングに使用するシンボルのサイズ(ピクセル単位)。 これは、系列レベルで オーバーライドできます。
tooltip-content
@ ChartTooltip コンテンツプロパティに 表示する値。
rendering
& FlexRadar.rendering イベントのハンドラ。
rendered
& FlexRadar.rendered イベントのハンドラ。
series-visibility-changed
&FlexRadar.seriesVisibilityChanged イベントのハンドラ。

wj-flex-radarディレクティブは、 wijmo.angular.chart.WjFlexChartAxiswijmo.angular.chart.radar.WjFlexRadarSerieswijmo.angular.chart.WjFlexChartLegend 、および wijmo.angular.chart.WjFlexChartDataLabel

階層

  • WjFlexChartCore
    • WjFlexRadar