5.20201.680
wijmo.angular.chart.finance.analytics Class WjFlexChartStochastic Wijmo API クラス

WjFlexChartStochastic クラス

FinancialChart Stochastic オブジェクトのAngularJSディレクティブ。

wj-flex-chart-stochastic ディレクティブは、 wijmo.angular.chart.finance.WjFinancialChart ディレクティブに含める必要があります。 次の属性をサポートします。

binding
@ 系列のY値を含むプロパティの名前。この値は、チャートに設定された連結をオーバーライドします。
binding-x
@ 系列のX値を含むプロパティの名前。この値は、チャートに設定された連結をオーバーライドします。
css-class
@ 系列に使用するCSSクラス。
items-source
= この系列のデータを含む配列または ICollectionView オブジェクト。
name
@ 凡例に表示する系列の名前。
style
= 系列スタイル。ng-attr-styleを使用して、系列スタイルオブジェクトをオブジェクトとして指定します。 詳細については、AngularJSドキュメントの「 AngularJS Creating Custom Directives」にあるngAttr属性連結に関するセクションおよび「 FlexChart 101:系列のスタイルの設定」のサンプルを参照してください。
styles/dt>
%Kラインと%Dラインのスタイル。
symbol-marker
@ 系列に使用するマーカーの形。この値は、チャートに設定されたデフォルトのマーカーをオーバーライドします。 Marker を参照してください。
symbol-size
@ Scatter、LineSymbols、およびSplineSymbolsチャートでこの系列のデータポイントのレンダリングに使用される シンボルのサイズ(ピクセル単位)。 この値は、チャートレベルの設定をオーバーライドします。
symbol-style
= Scatter、LineSymbols、およびSplineSymbolsチャートでこの系列のデータポイントのレンダリングに使用される シンボルのスタイル。 この値は、チャートレベルの設定をオーバーライドします。
visibility
= 系列を表示するかどうか、表示する場合はどこに表示するかを示す SeriesVisibility 値。
k-period
@ %K計算の期間。
d-period
@ %D計算の期間。
smoothing-period
@ %K計算の平滑期間。

階層

  • WjBaseOverlayIndicator
    • WjFlexChartStochastic