5.20193.637
WjFinancialChartSeries Wijmo API クラス

WjFinancialChartSeries クラス

FinancialChart FinancialSeries オブジェクトのAngularJSディレクティブ。

wj-financial-chart-series ディレクティブは、 wijmo.angular.chart.finance.WjFinancialChart ディレクティブに含める必要があります。 次の属性をサポートします。

axis-x
@ 系列のX軸。
axis-y
@ 系列のY軸。
binding
@ 系列のY値を含むプロパティの名前。この値は、チャートに設定された連結をオーバーライドします。
binding-x
@ 系列のX値を含むプロパティの名前。この値は、チャートに設定された連結をオーバーライドします。
chart-type
@ この系列オブジェクトに対応するオブジェクトのレンダリング時に使用するチャートタイプ。 この値は、チャートに設定されたデフォルトのチャートタイプをオーバーライドします。 FinancialChartType を参照してください。
css-class
@ 系列に使用するCSSクラス。
items-source
= この系列のデータを含む配列または ICollectionView オブジェクト。
name
@ 凡例に表示する系列の名前。
style
= 系列スタイル。ng-attr-styleを使用して、系列スタイルオブジェクトをオブジェクトとして指定します。 詳細については、AngularJSドキュメントの「 AngularJS Creating Custom Directives 」にあるngAttr属性連結に関するセクションおよび 「 FlexChart 101:系列のスタイルの設定 」のサンプルを参照してください。
altStyle
= 系列の代替スタイル。
symbol-marker
@ 系列に使用するマーカーの形。この値は、チャートに設定されたデフォルトのマーカーをオーバーライドします。 Marker を参照してください。
symbol-size
@ Scatter、LineSymbols、SplineSymbolsの各チャートでこの系列の データポイントのレンダリングに使用するシンボルのサイズ(ピクセル単位)。 この値は、チャートレベルの設定をオーバーライドします。
symbol-style
= Scatter、LineSymbols、SplineSymbolsの各チャートでこの系列の データポイントの レンダリングに使用するシンボルのスタイル。 この値は、チャートレベルの設定をオーバーライドします。
visibility
= 系列を表示するかどうかと、その場所を示す SeriesVisibility 値。

通常、 wj-financial-chart-series では、 name プロパティと binding プロパティだけを指定します。 残りの値は、親 wj-financial-chart ディレクティブから継承されます。

階層

  • WjSeriesBase
    • WjFinancialChartSeries