5.20193.637
WjFinancialChart Wijmo API クラス

WjFinancialChart クラス

FinancialChart コントロール用のAngularJSディレクティブ。

wj-financial-chart ディレクティブは、AngularJSアプリケーションに金融チャートを追加する場合に使用します。 ディレクティブ名とパラメーター名の書式は、キャメルケースではなくダッシュで結んだ小文字にする必要があります。

wj-financial-chart ディレクティブは以下の属性をサポートしています。

binding
@ チャートのYの値を含むプロパティの名前。これは系列レベルでオーバーライドできます。
binding-x
@ チャートのXの値を含むプロパティの名前。これは系列レベルでオーバーライドできます。
chart-type
@ 系列オブジェクトのレンダリング時に使用するデフォルトのチャートタイプ。 これは、系列レベルでオーバーライドできます。 FinancialChartType を参照してください。
control
= このディレクティブによって作成された FinancialChart コントロールへの参照。
footer
@ チャートのフッタに表示するテキスト(プレーンテキスト)。
footer-style
= チャートのフッタに適用するスタイル。
header
@ チャートのヘッダに表示するテキスト(プレーンテキスト)。
header-style
= チャートのヘッダに適用するスタイル。
initialized
& このイベントは、バインディングによるコントロールの初期化が完了した後に発生します。
is-initialized
= バインディングによるコントロールの初期化が完了したかどうかを示す値。
interpolate-nulls
@ データにnull値が存在するときにギャップを補間するか、そのままにするかを示す値。
item-formatter
= データポイントの外観をカスタマイズするフォーマッター関数。
items-source
= チャートの作成に使用されるデータを含む配列または ICollectionView オブジェクト。
legend-toggle
@ 凡例項目をクリックしたときに系列の表示/非表示を切り替えるかどうかを示す値。
options
= 特定のチャートタイプにのみ適用するチャートオプション。 詳細については、 FinancialChartoptions を参照してください。
palette
= 各系列の表示に使用されるデフォルト色を含む配列。
plot-margin
= コントロールの端からプロット領域の端までの間隔のピクセル数、またはCSSスタイルのマージン。
selection
= 選択されている系列オブジェクト。
selection-mode
@ ユーザーが系列をクリックしたときに何が選択されるかを示 SelectionMode 値。
symbol-size
@ Scatter、LineSymbols、およびSplineSymbolsチャートでデータポイントのレンダリングに使用されるシンボルのサイズ(ピクセル単位)。 これは系列レベルでオーバーライドできます。
tooltip-content
@ ChartTooltip に表示する内容。property.
got-focus
& FinancialChart.gotFocus イベントハンドラ。
lost-focus
& FinancialChart.lostFocus イベントハンドラ。
rendering
& FinancialChart.rendering イベントハンドラ。
rendered
& FinancialChart.rendered イベントハンドラ。
series-visibility-changed
&FinancialChart.seriesVisibilityChanged イベントハンドラ。
selection-changed
& FinancialChart.selectionChanged イベントハンドラ。

wj-financial-chartディレクティブには、子ディレクティブとして wijmo.angular.chart.WjFlexChartAxiswijmo.angular.chart.WjFlexChartSerieswijmo.angular.chart.WjFlexChartLegend 、および wijmo.angular.chart.WjFlexChartDataLabel を含めることができます。

階層

  • WjFlexChartCore
    • WjFinancialChart