5.20201.663
WjSheet Wijmo API クラス

WjSheet クラス

wijmo.grid.sheet.Sheet コントロールに対応するAngular 2コンポーネント。

wj-sheet コンポーネントは、 wijmo.angular2.grid.sheet.WjFlexSheet コンポーネントに含める必要があります。

wj-sheet コンポーネントを使用して、Angular 2アプリケーションに Sheet コントロールを 追加できます。Angular 2マークアップの構文については、 「Angular 2マークアップ構文」を参照してください。

WjSheet コンポーネントは、Sheet コントロールから派生され、 そのすべてのプロパティ、イベント、およびメソッドを継承しています。

階層

プロパティ

columnCount

columnCount: number

シート内の列数を取得または設定します。

filterSetting

filterSetting: IFilterSetting

このシートのフィルタ設定を取得または設定します。

grid

grid: FlexGrid

シートデータを格納するために使用される、関連付けられたFlexGrid コントロールを取得します。

initialized

initialized: EventEmitter<any>

このイベントは、コンポーネントがAngularによって初期化された後、つまり すべての連結プロパティが割り当てられ、子コンポーネント(ある場合)が初期化された後にトリガされます。

isInitialized

isInitialized: boolean

コンポーネントがAngularによって初期化されているかどうかを示します。 この値は、initializedイベントをトリガする直前にfalseからtrueになります。

itemsSource

itemsSource: any

シートのFlexGrid インスタンスの配列またはICollectionView を取得または設定します。

name

name: string

シートの名前を取得または設定します。

nameChangedNg

nameChangedNg: EventEmitter<any>

プログラムによるアクセスに使用されるWijmo nameChangedイベントのAngular(EventEmitter)バージョン。 コードでこのイベントのAngularバージョンをサブスクライブする場合は、このイベント名を使用してください。 テンプレート連結では、通常のnameChanged Wijmoイベント名を使用してください。

rowCount

rowCount: number

シート内の行数を取得または設定します。

selectionRanges

selectionRanges: ObservableArray

選択項目の配列を取得します。

tables

このシート内のTable オブジェクトのコレクションを取得します。 テーブルのコレクションを介してこのシートにTable を挿入または削除することができます。

visible

visible: boolean

シートの表示/非表示設定を取得または設定します。

wjProperty

wjProperty: string

このコンポーネントの割り当て先のプロパティの名前を取得または設定します。 デフォルト値は'sheets'です。

メソッド

addTableFromArray

  • addTableFromArray(row: number, column: number, array: any[], properties?: string[], tableName?: string, tableStyle?: TableStyle, options?: ITableOptions, shift?: boolean): Table
  • オブジェクト配列からテーブルを追加します。

    引数

    • row: number

      テーブルの行位置。

    • column: number

      テーブルの列位置。

    • array: any[]

      テーブルにロードするオブジェクト配列。

    • オプション properties: string[]

      これにより、配列のオブジェクトから列のサブセットのみを取得することができます。 省略すると、テーブルは配列のオブジェクトのすべてのキーをロードします。

    • オプション tableName: string

      テーブルの名前。

    • オプション tableStyle: TableStyle

      テーブルスタイルがテーブルに適用されます。

    • オプション options: ITableOptions

      テーブルのオプションITableOptions

    • オプション shift: boolean

      テーブルの下のセルを移動する必要があるかどうかを示します。 指定しない場合、下にあるセルが移動されます。

    戻り値 Table

    the table if the table was added successfully, otherwise retun null.

created

  • created(): void
  • Wijmoコンポーネントから継承されるカスタムコンポーネントを作成する場合は、このメソッドを
    オーバーライドして、通常はクラスコンストラクタで行う必要な初期化を行うことができます。 このメソッドは、Wijmoコンポーネントコンストラクタの最後の行で呼び出され、 カスタムコンポーネントのコンストラクタを宣言しなくて済むようにします。これにより、 コンストラクタのパラメータを保持したり、Wijmoコンポーネントのコンストラクタパラメータとの同期を維持する必要がなくなります。

    戻り値 void

dispose

  • dispose(): void
  • シートのインスタンスを破棄します。

    戻り値 void

findTable

  • findTable(rowIndex: number, columnIndex: number): Table
  • セルの位置を介してテーブルを検索します。

    引数

    • rowIndex: number

      指定したセルの行インデックス。

    • columnIndex: number

      指定したセルの列インデックス。

    戻り値 Table

getCellStyle

  • getCellStyle(rowIndex: number, columnIndex: number): ICellStyle
  • 指定したセルのスタイルを取得します。

    引数

    • rowIndex: number

      指定したセルの行インデックス。

    • columnIndex: number

      指定したセルの列インデックス。

    戻り値 ICellStyle

onNameChanged

onVisibleChanged

イベント

nameChanged

nameChanged: Event<Sheet, EventArgs>

シート名が変更された後に発生します。

visibleChanged

visibleChanged: Event<Sheet, EventArgs>

シートの表示/非表示が変更された後に発生します。