5.20193.637
WjFlexChartDataLabel Wijmo API クラス

WjFlexChartDataLabel クラス

wijmo.chart.DataLabel コントロールに対応するAngular 2コンポーネント。

wj-flex-chart-data-label コンポーネントは、 wijmo.angular2.chart.WjFlexChart コンポーネントに含める必要があります。

wj-flex-chart-data-label コンポーネントを使用して、Angular 2アプリケーションに DataLabel コントロールを 追加できます。Angular 2マークアップの構文については、 「Angular 2マークアップ構文」を参照してください。

WjFlexChartDataLabel コンポーネントは、DataLabel コントロールから派生され、 そのすべてのプロパティ、イベント、およびメソッドを継承しています。

階層

プロパティ

border

border: boolean

データラベルに境界線を表示するかどうかを示す値を取得または設定します。

connectingLine

connectingLine: boolean

データラベルに境界線を表示するかどうかを示す値を取得または設定します。

content

content: any

データラベルの内容を取得または設定します。

この内容は文字列として指定するほかに、 wijmo.chart.HitTestInfo オブジェクトをパラメーターとして受け取る関数として指定することもできます。

ラベルの内容が文字列の場合、以下のパラメーターを含めることができます。

  • seriesName: データポイントを含む系列の名前(FlexChartのみ)。
  • pointIndex: データポイントのインデックス。
  • value: データポイントのValue
  • x: データポイントのxの値(FlexChartのみ)。
  • y: データポイントのyの値(FlexChartのみ)。
  • name: データポイントのName
  • propertyName: データオブジェクトのプロパティ。

パラメーターは波かっこで囲む必要があります(例: 'x={x}, y={y}')。

以下の例では、データポイントのyの値をラベルに表示します。

 // チャートを作成し、データポイントの上に配置したラベルにyのデータを表示します。
 var chart = new FlexChart('#theChart');
 chart.initialize({
     itemsSource: data,
     bindingX: 'country',
     series: [
         { name: 'Sales', binding: 'sales' },
         { name: 'Expenses', binding: 'expenses' },
         { name: 'Downloads', binding: 'downloads' }],
 });
 chart.dataLabel.position = "Top";
 chart.dataLabel.content = "{country} {seriesName}:{y}";

次の例は、関数を使用してデータラベルの内容を設定する方法を示します。

 // データラベルの内容を設定します。
 chart.dataLabel.content = function (ht) {
   return ht.name + ":" + ht.value.toFixed();
 }

initialized

initialized: EventEmitter<any>

このイベントは、コンポーネントがAngularによって初期化された後、つまり すべての連結プロパティが割り当てられ、子コンポーネント(ある場合)が初期化された後にトリガされます。

isInitialized

isInitialized: boolean

コンポーネントがAngularによって初期化されているかどうかを示します。 この値は、initializedイベントをトリガする直前にfalseからtrueになります。

offset

offset: number

ラベルからデータポイントまでのオフセットを取得または設定します。

position

position: LabelPosition

データラベルの位置を取得または設定します。

renderingNg

renderingNg: EventEmitter<any>

プログラムによるアクセスに使用されるWijmo renderingイベントのAngular(EventEmitter)バージョン。 コードでこのイベントのAngularバージョンをサブスクライブする場合は、このイベント名を使用してください。 テンプレート連結では、通常のrendering Wijmoイベント名を使用してください。

wjProperty

wjProperty: string

このコンポーネントの割り当て先のプロパティの名前を取得または設定します。 デフォルト値は'dataLabel'です。

メソッド

created

  • created(): void
  • Wijmoコンポーネントから継承されるカスタムコンポーネントを作成する場合は、このメソッドを
    オーバーライドして、通常はクラスコンストラクタで行う必要な初期化を行うことができます。 このメソッドは、Wijmoコンポーネントコンストラクタの最後の行で呼び出され、 カスタムコンポーネントのコンストラクタを宣言しなくて済むようにします。これにより、 コンストラクタのパラメータを保持したり、Wijmoコンポーネントのコンストラクタパラメータとの同期を維持する必要がなくなります。

    戻り値 void

onRendering

イベント

rendering

データラベルをレンダリングする前に発生します。