v5.20191.603
|

PropertyGroupDescription クラス

プロパティ名を基準として項目のグループ化を記述します。

たとえば、以下のコードはCollectionView の項目を 項目の'country'プロパティの値に従ってグループ化します。

var cv = new wijmo.collections.CollectionView(items);
var gd = new wijmo.collections.PropertyGroupDescription('country');
cv.groupDescriptions.push(gd);

また、グループ名を生成するコールバック関数を指定することもできます。 たとえば、以下のコードはCollectionView の項目を項目の'country'プロパティの値の最初の文字に従ってグループ化します。

var cv = new wijmo.collections.CollectionView(items);
var gd = new wijmo.collections.PropertyGroupDescription('country',
  function(item, propName) {
    return item[propName][0]; // 国の最初の文字を返します
});
cv.groupDescriptions.push(gd);

階層

コンストラクタ

プロパティ

メソッド

コンストラクタ

constructor

  • PropertyGroupDescription クラスの新しいインスタンスを初期化します。

    引数

    • property: string

      項目が属するグループを指定するプロパティの名前。

    • オプション converter: Function

      項目とプロパティ名を受け取り、グループ名を返すコールバック関数。 指定されていない場合、グループ名は項目のプロパティ値になります。

    戻り値 PropertyGroupDescription

プロパティ

propertyName

propertyName: string

項目が属するグループを決定するのに使用されるプロパティの名前を取得します。

メソッド

groupNameFromItem

  • groupNameFromItem(item: any, level: number): any
  • 指定した項目のグループ名を返します。

    引数

    • item: any

      グループ名を取得する項目。

    • level: number

      0から始まるグループレベルインデックス。

    戻り値 any

    The name of the group the item belongs to.

namesMatch

  • namesMatch(groupName: any, itemName: any): boolean
  • グループ名と項目名が一致する(これは項目がグループに属していることを意味します)かどうかを示す値を返します。

    引数

    • groupName: any

      グループの名前。

    • itemName: any

      項目の名前。

    戻り値 boolean

    True if the names match; otherwise, false.