v5.20191.603
|

PrintDocument クラス

印刷用のカスタムドキュメントの作成を可能にするクラス。

PrintDocument クラスを使用すると、印刷用またはPDFへのエクスポート用の ドキュメントを簡単に作成できます。 大部分のブラウザでは、用紙サイズ、方向、マージン、および ページヘッダー/フッターを含むかどうかを選択できます。

使用するには、 PrintDocumentをインスタンス化し、 append メソッドを使用して コンテンツを追加し、 print メソッドを呼び出して終了します。

次に例を示します。

// ドキュメントを作成します
var doc = new wijmo.PrintDocument({
  title: 'PrintDocument Test'
});
// 単純なテキストを追加します
doc.append('<h1>Printing Example</h1>');
doc.append('<p>This document was created using the <b>PrintDocument</b> class.</p>');
// 既存の要素を追加します
doc.append(document.getElementById('gaugeControl'));
// ドキュメントを印刷します(またはPDFにエクスポートします)
doc.print();

次の例では、ブラウザからPDFやその他の形式で直接印刷またはエクスポートできる、 印刷用ドキュメントを作成する方法を示しています。

Example

階層

  • PrintDocument

コンストラクタ

プロパティ

メソッド

コンストラクタ

constructor

  • PrintDocument クラスの新しいインスタンスを初期化します。

    引数

    • オプション options: any

      PrintDocument の初期化データを含むJavaScriptオブジェクト。

    戻り値 PrintDocument

プロパティ

copyCss

copyCss: boolean

PrintDocument にメインドキュメントで定義されている CSSスタイルシートを含めるかどうかを決定する値を取得または設定します。

このプロパティのデフォルト値はtrueです。

title

title: string

ドキュメントタイトルを取得または設定します。

このプロパティをnullに設定すると、 PrintDocument は現在のドキュメントのタイトルを使用します。

メソッド

addCSS

  • addCSS(href: string): void
  • ドキュメントにCSSスタイルシートを追加します。

    引数

    • href: string

      ドキュメントに追加するCSSファイルのURL。

    戻り値 void

append

  • append(child: any): void
  • ドキュメントにHTML要素または文字列を追加します。

    引数

    • child: any

      ドキュメントに付加するHTML要素または文字列。

    戻り値 void

print

  • print(callback?: Function): void
  • ドキュメントを印刷します。

    引数

    • オプション callback: Function

      ドキュメントの印刷が終了した後に呼び出されるオプションのコールバック。

    戻り値 void