v5.20191.603
|

Clipboard クラス

クリップボード操作用のユーティリティメソッドを提供する静的クラス。

Clipboard クラスには、クリップボード操作中にクリップボードの内容をカスタマイズするために コントロールによって使用できる静的なcopy メソッドとpastee メソッドがあります。

たとえば、以下のコードは、コントロールで押されたクリップボードショートカットキーを インターセプトしてカスタムのクリップボード処理を提供する方法を示します。

rootElement.addEventListener('keydown', function(e) {
  // コピー: [Ctrl]+[C]または[Ctrl]+[Insert]
  if (e.ctrlKey && (e.keyCode == 67 || e.keyCode == 45)) {
    var text = this.getClipString();
    Clipboard.copy(text);
    return;
  }
  // 貼り付け: [Ctrl]+[V]または[Shift]+[Insert]
  if ((e.ctrlKey && e.keyCode == 86) || (e.shiftKey && e.keyCode == 45)) {
    Clipboard.paste(function (text) {
      this.setClipString(text);
    });
    return;
  }
});

次の例では、ターゲットがFlexGrid コントロールのときに クリップボードの貼り付けコマンドの動作をカスタマイズする方法を示しています。

Example

階層

  • Clipboard

メソッド

メソッド

静的 copy

  • copy(text: string): void
  • 文字列をクリップボードにコピーします。

    このメソッドは、ユーザーがクリップボードのコピーコマンド([Ctrl]+[C]など)を押した直後に呼び出した場合にのみ機能します。

    引数

    • text: string

      クリップボードにコピーするテキスト。

    戻り値 void

静的 paste

  • paste(callback: Function): void
  • クリップボードから文字列を取得します。

    このメソッドは、ユーザーがクリップボードの貼り付けコマンド([Ctrl]+[V]など)を押した直後に呼び出した場合にのみ機能します。

    引数

    • callback: Function

      クリップボードの内容が取得されたときに呼び出される関数。 この関数は、クリップボードの内容をパラメーターとして受け取ります。

    戻り値 void