v5.20191.603
|

Binding クラス

複合プロパティ(例: 'customer.address.city')へのバインディングを提供します。

階層

  • Binding

コンストラクタ

プロパティ

メソッド

コンストラクタ

constructor

  • new Binding(path: string): Binding
  • Binding クラスの新しいインスタンスを初期化します。

    引数

    • path: string

      バインド先のプロパティの名前。

    戻り値 Binding

プロパティ

path

path: string

バインディングのパスを取得または設定します。

最も単純な場合、このパスは、連結に使用する ソースオブジェクトのプロパティの 名前です(例:'street')。プロパティのサブプロパティは、

JavaScriptと同様の構文を使用して 指定できます(例:'address.street')。

メソッド

getValue

  • getValue(object: any): any
  • 指定したオブジェクトのバインディング値を取得します。

    オブジェクトにバインディングの path で指定されたプロパティが含まれていない場合、メソッドはnullを返します。

    引数

    • object: any

      データを取得するオブジェクト。

    戻り値 any

setValue

  • setValue(object: any, value: any): void
  • 指定したオブジェクトにバインディング値を設定します。

    オブジェクトにバインディングの path で指定されたプロパティが含まれていない場合、値は設定されません。

    引数

    • object: any

      データを設定するオブジェクト。

    • value: any

      設定するデータ値。

    戻り値 void