ピクセル単位によるスクロール

SpreadJSはデフォルトでは列の幅や行の高さの単位でのスクロールとなります。ピクセルスクロール機能が有効になっている場合、カスタム設定に従ってワークシート内でピクセルごとにスクロールできます。 ユーザーは、水平方向(列のスクロール)または垂直方向(行のスクロール)およびその両方でピクセルごとにスクロールできます。

SpreadJSでは、scrollByPixelがtrueの場合、ピクセル単位でのスクロールが可能になります。 さらに、scrollByPixelがtrueのときにスクロールされるピクセル数を設定することもできます。 最終的なスクロールピクセルは、スクロールデルタ(ブラウザ毎のピクセル単位でスクロールされる量)× scrollPixel の乗算となります。たとえば、スクロールデルタが3、scrollPixelが5のとき、最終的なスクロールピクセルは15になります。 Worksheetクラスは、指定されたピクセルでシートをスクロールするscrollメソッドを提供します。 scrollメソッドには、vPixelsとhPixelsの2つの数値パラメーターがあります。 vPixelsは、垂直方向にスクロールするピクセルを表します。 hPixelsは、水平方向にスクロールするピクセルを表します。 vPixelsが正数の場合、ワークシートは下にスクロールします。 vPixelsが負数の場合、ワークシートは上にスクロールします。 vPixelsが0の場合、ワークシートは垂直方向にスクロールしません。 hPixelsが正数の場合、ワークシートは右にスクロールします。 hPixelsが負数の場合、ワークシートは左にスクロールします。 hPixelsが0の場合、ワークシートは水平方向にスクロールしません。 ワークブックのオプションのscrollByPixelがtrueの場合、ワークシートは行または列のインデックスとそれらの行または列のオフセットまでスクロールします。 ワークブックのオプションのscrollByPixelがfalseの場合、ワークシートは行または列のインデックスにスクロールし、行または列のオフセットは常に0になります。
window.onload = function() { var spread = new GC.Spread.Sheets.Workbook(_getElementById('ss'), { sheetCount: 1 }); initSpread(spread); }; function initSpread(spread) { /* Binding settings */ var scrollByPixel = _getElementById("scrollByPixel"); scrollByPixel.addEventListener("change", function () { spread.options.scrollByPixel = scrollByPixel.checked; }); var scrollPixel = _getElementById("scrollPixel"); _getElementById("setScrollPixel").addEventListener("click", function () { spread.options.scrollPixel = parseInt(scrollPixel.value); }); _getElementById("scroll").addEventListener("click", function () { var vPixels = parseFloat(_getElementById("vPixels").value); var hPixels = parseFloat(_getElementById("hPixels").value); var sheet = spread.getActiveSheet(); sheet.scroll(vPixels, hPixels); }); var intervalID; _getElementById("autoScroll").addEventListener("click", function () { if (intervalID) { window.clearInterval(intervalID); intervalID = null; } var vPixels = parseFloat(_getElementById("vPixels").value); var hPixels = parseFloat(_getElementById("hPixels").value); var interval = parseInt(_getElementById("interval").value); intervalID = setInterval(function () { var sheet = spread.getActiveSheet(); sheet.scroll(vPixels, hPixels); }, interval); }); _getElementById("stopScroll").addEventListener("click", function () { if (intervalID) { window.clearInterval(intervalID); intervalID = null; } }); spread.suspendPaint(); spread.options.scrollByPixel = true; var sheet = spread.getActiveSheet(); //change cells dimensions sheet.setColumnWidth(0, 150); sheet.setColumnWidth(4, 100); sheet.setColumnWidth(5, 430); sheet.setRowHeight(0, 50); sheet.setRowHeight(3, 10); sheet.setRowHeight(10, 100); sheet.setRowHeight(12, 475); sheet.resumePaint(); spread.resumePaint(); } function _getElementById(id){ return document.getElementById(id); }
<!doctype html> <html style="height:100%;font-size:14px;"> <head> <meta name="spreadjs culture" content="ja-jp" /> <meta charset="utf-8" /> <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0" /> <link rel="stylesheet" type="text/css" href="$DEMOROOT$/ja/purejs/node_modules/@grapecity/spread-sheets/styles/gc.spread.sheets.excel2013white.css"> <script src="$DEMOROOT$/ja/purejs/node_modules/@grapecity/spread-sheets/dist/gc.spread.sheets.all.min.js" type="text/javascript"></script> <script src="$DEMOROOT$/ja/purejs/node_modules/@grapecity/spread-sheets-resources-ja/dist/gc.spread.sheets.resources.ja.min.js" type="text/javascript"></script> <script src="$DEMOROOT$/spread/source/data/data.js" type="text/javascript"></script> <script src="$DEMOROOT$/spread/source/js/license.js" type="text/javascript"></script> <script src="app.js" type="text/javascript"></script> <link rel="stylesheet" type="text/css" href="styles.css"> </head> <body> <div class="sample-tutorial"> <div id="ss" class="sample-spreadsheets"></div> <div class="options-container"> <div class="option-row"> <p>数値を入力してボタンをクリックすると、スクロール時のピクセル数を変更できます。</p> <input type="checkbox" id="scrollByPixel" checked="checked" /> <label for="scrollByPixel">ピクセル単位でのスクロール</label> </div> <div class="option-row"> <input type="number" id="scrollPixel" value="5" /> <input type="button" id="setScrollPixel" value="スクロール量の設定" /> </div> <div class="option-row"> <p>コードから指定したピクセル単位でシートをスクロールさせることもできます。</p> <label> <input type="number" id="vPixels" value="1"> 垂直px </label> <label> <input type="number" id="hPixels" value="0"> 水平px </label> <input type="button" id="scroll" value="スクロール"> </div> <div class="option-row"> <p>タイマーでscrollメソッドを呼び出すと、シートを自動的にスクロールできます。</p> <label> <input type="number" id="interval" value="20"> 間隔(ms) </label><br /> <input type="button" id="autoScroll" value="自動スクロール"> <input type="button" id="stopScroll" value="停止"> </div> </div> </div> </body> </html>
.sample-tutorial { position: relative; height: 100%; overflow: hidden; } .sample-spreadsheets { width: calc(100% - 280px); height: 100%; overflow: hidden; float: left; } .options-container { float: right; width: 280px; padding: 12px; height: 100%; box-sizing: border-box; background: #fbfbfb; overflow: auto; } .option-row { font-size: 14px; padding: 5px; margin-top: 10px; } label { margin-bottom: 6px; } input { padding: 4px 6px; } input[type=number] { width: 40px; } hr { border-color: #fff; opacity: .2; margin-top: 20px; } body { position: absolute; top: 0; bottom: 0; left: 0; right: 0; }