スクロールバー

Spread.Sheetsの水平および垂直スクロールバーを使用すると、表示したい領域にシートを移動できます。

スクロールバーは、矢印ボタン、スクロールボックス、およびスクロールボックスコンテナで構成されます。Spreadのスクロールバーでは、矢印ボタンの押下、スクロールボックスのドラッグ、スクロールボックスと矢印ボタンの間のスペースのクリックなど、さまざまな操作が可能です。これらの操作により、シートは以下のようにスクロールします。 矢印ボタンの押下: シートが1行もしくは1列ごとにスクロールします。 スクロールボタンのドラッグ: シートが上下左右にスクロールします。 スクロールボックスと矢印ボタンの間のスペースのクリック: シートは1ページ毎にスクロールします。 SpreadJSでは、スクロールボックスのドラッグ時にスクロールツールチップを表示できます。showScrollTipオプションを使用すると、表示するスクロールツールチップのタイプを設定できます。スクロールツールチップには、スクロールボックスをドラッグしたときに表示される最上行または最左列の番号が表示されます。 スクロールバーを表示するかどうかを指定するには、showVerticalScrollbarおよびshowHorizontalScrollbarオプションを使用します。 スクロール範囲を制限するには、scrollbarMaxAlignおよびscrollbarShowMaxオプションを設定します。 scrollbarMaxAlign: アクティブシートの最後の行または列にスクロールバーを揃えるかどうかを設定します。 scrollbarShowMax: アクティブシートのすべての行数または列数に基づいてスクロールバーを表示するかどうかを設定します。 scrollIgnoreHiddenオプションを使用すると、非表示になっている行や列を考慮しないスクロールバー表示が可能です。 以下のような設定が非表示として扱われます。: 高さが0の行 幅が0の列 非表示設定された行/列 グループ機能(折りたたみ)で非表示となった行/列 フィルタの適用によって非表示となった行/列
window.onload = function() { var spread = new GC.Spread.Sheets.Workbook(_getElementById('ss'), { sheetCount: 1 }); initSpread(spread); }; function initSpread(spread) { /* Binding settings */ _getElementById('showHorizontalScrollbar').addEventListener('change', function() { spread.options.showHorizontalScrollbar = this.checked; }); _getElementById('showVerticalScrollbar').addEventListener('change', function() { spread.options.showVerticalScrollbar = this.checked; }); _getElementById('scrollbarMaxAlign').addEventListener('change', function() { spread.options.scrollbarMaxAlign = this.checked; }); _getElementById('scrollbarShowMax').addEventListener('change', function() { spread.options.scrollbarShowMax = this.checked; }); _getElementById('optShowScrollTip').addEventListener('change', function() { var result = parseInt(this.value); spread.options.showScrollTip = result; }); _getElementById('scrollIgnoreHidden').addEventListener('change', function() { spread.options.scrollIgnoreHidden = this.checked; }); var sheet = spread.getActiveSheet(); sheet.suspendPaint(); var sd = dataSource; if (sd.length > 0) { sheet.setDataSource(sd); } sheet.setColumnWidth(0, 160); sheet.setColumnWidth(1, 70); sheet.setColumnWidth(2, 90); sheet.setColumnWidth(3, 110); sheet.setColumnWidth(4, 80); sheet.setColumnWidth(6, 110); sheet.setRowCount(40); sheet.setColumnCount(20); sheet.columnOutlines.group(5, 5); sheet.rowOutlines.group(5, 5); sheet.getRange(-1, 2, -1, 1).visible(false); sheet.setColumnWidth(7, 0); sheet.setRowHeight(8, 0); sheet.getRange(15, -1, 1, -1).visible(false); var hlf = new GC.Spread.Sheets.Filter.HideRowFilter(new GC.Spread.Sheets.Range(1, 4, 6, 1)); sheet.rowFilter(hlf); var condition = new GC.Spread.Sheets.ConditionalFormatting.Condition( GC.Spread.Sheets.ConditionalFormatting.ConditionType.numberCondition, { compareType: GC.Spread.Sheets.ConditionalFormatting.GeneralComparisonOperators.greaterThan, expected: 2 } ); sheet.rowFilter().addFilterItem(4, condition); sheet.rowFilter().filter(); sheet.resumePaint(); } function _getElementById(id){ return document.getElementById(id); }
<!doctype html> <html style="height:100%;font-size:14px;"> <head> <meta name="spreadjs culture" content="ja-jp" /> <meta charset="utf-8" /> <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0" /> <link rel="stylesheet" type="text/css" href="$DEMOROOT$/ja/purejs/node_modules/@grapecity/spread-sheets/styles/gc.spread.sheets.excel2013white.css"> <script src="$DEMOROOT$/ja/purejs/node_modules/@grapecity/spread-sheets/dist/gc.spread.sheets.all.min.js" type="text/javascript"></script> <script src="$DEMOROOT$/spread/source/data/data.js" type="text/javascript"></script> <script src="$DEMOROOT$/ja/purejs/node_modules/@grapecity/spread-sheets-resources-ja/dist/gc.spread.sheets.resources.ja.min.js" type="text/javascript"></script> <script src="$DEMOROOT$/spread/source/js/license.js" type="text/javascript"></script> <script src="app.js" type="text/javascript"></script> <link rel="stylesheet" type="text/css" href="styles.css"> </head> <body> <div class="sample-tutorial"> <div id="ss" class="sample-spreadsheets"></div> <div class="options-container"> <div class="option-row"> <label>スクロールチップを表示する:</label> <select id="optShowScrollTip" > <option value="0" selected="selected">None</option> <option value="1">Horizontal</option> <option value="2">Vertical</option> <option value="3">Both</option> </select> </div> <hr> <div class="option-row"> <input type="checkbox" id="showHorizontalScrollbar" checked="checked" /> <label for="showHorizontalScrollbar">水平スクロールバーを表示</label> </div> <div class="option-row"> <input type="checkbox" id="showVerticalScrollbar" checked="checked" /> <label for="showVerticalScrollbar">垂直スクロールバーを表示</label> </div> <div class="option-row"> <input type="checkbox" id="scrollbarMaxAlign"> <label for="scrollbarMaxAlign">スクロールバーを最大位置に揃えて表示</label> </div> <label >このオプションを設定すると、最後の行/列までしかスクロールできなくなります。</label> <div class="option-row"> <input type="checkbox" id="scrollbarShowMax" checked="checked"> <label for="scrollbarShowMax">スクロールバーを最大表示</label> </div> <label >このオプションを設定すると、スクロールバーに最大限のスクロールスペースが表示されます。</label> <hr> <div class="option-row"> <input type="checkbox" id="scrollIgnoreHidden"> <label for="scrollIgnoreHidden">スクロール時に非表示領域を無視</label> </div> </div> </div> </body> </html>
.sample-tutorial { position: relative; height: 100%; overflow: hidden; } .sample-spreadsheets { width: calc(100% - 280px); height: 100%; overflow: hidden; float: left; } .options-container { float: right; width: 280px; padding: 12px; height: 100%; box-sizing: border-box; background: #fbfbfb; overflow: auto; } .option-row { font-size: 14px; padding: 5px; margin-top: 10px; } label { margin-bottom: 6px; } input { padding: 4px 6px; } input[type=button] { margin-top: 6px; display: block; } hr { border-color: #fff; opacity: .2; margin-top: 20px; } body { position: absolute; top: 0; bottom: 0; left: 0; right: 0; }