スクロールバー

SpreadJSの水平および垂直スクロールバーを使用すると、表示したい領域にシートを移動できます。

垂直スクロールバーの矢印ボタンを使用して、一度に1行ずつ上下にスクロールしたり、水平スクロールバーでは一度に1列ずつスクロールすることができます。スクロールバーのボックスをドラッグすると、より速くスクロールできます。スクロールする最も速い方法は、ボックスと矢印ボタンの間のスペースをクリックすることで、これによりページごとにシートをスクロールします。 SpreadJSスクロールバーはデフォルトで有効になっており、WorkbookオブジェクトのshowVerticalScrollbarメソッドとshowHorizontalScrollbarメソッドをfalseに設定すると無効にできます: スクロールバーのボックスをドラッグすると、ツールチップが表示される場合があります。垂直スクロールバーのボックスをドラッグすると、スクロールチップに一番上の行が表示されます。同様に、水平スクロールバーでは左端の列が表示されます。スクロールのヒントは、ワークブックのshowScrollTipオプションで有効にします: スクロールボックスの制御 通常、アクティブなシートの最後の行または列を超えてスクロールすると、空白の領域が表示されます。scrollbarMaxAlignオプションを有効にすると、行または列があるアクティブなシートの領域にスクロールが制限されます。 スクロールボックスは、高速スクロールでの使用に加えて、シートの上部または下部に達するまでのスクロール量をそのサイズで視覚的に示します。スクロールボックスのサイズは2つのオプションで制御できます:1つ目はscrollbarShowMaxで、アクティブなシートの行または列の総数に基づいてコンテナのサイズを計算します。2つ目はscrollIgnoreHiddenで、サイズの計算において非表示の行または列を無視します。 次のアイテムは非表示として扱われます: 高さがゼロの行 幅がゼロの列 非表示の行または列 折りたたみに含まれる行または列 フィルターで除外された行
window.onload = function() { var spread = new GC.Spread.Sheets.Workbook(_getElementById('ss'), { sheetCount: 1 }); initSpread(spread); }; function initSpread(spread) { /* Binding settings */ _getElementById('showHorizontalScrollbar').addEventListener('change', function() { spread.options.showHorizontalScrollbar = this.checked; }); _getElementById('showVerticalScrollbar').addEventListener('change', function() { spread.options.showVerticalScrollbar = this.checked; }); _getElementById('scrollbarMaxAlign').addEventListener('change', function() { spread.options.scrollbarMaxAlign = this.checked; }); _getElementById('scrollbarShowMax').addEventListener('change', function() { spread.options.scrollbarShowMax = this.checked; }); _getElementById('optShowScrollTip').addEventListener('change', function() { var result = parseInt(this.value); spread.options.showScrollTip = result; }); _getElementById('scrollIgnoreHidden').addEventListener('change', function() { spread.options.scrollIgnoreHidden = this.checked; }); var sheet = spread.getActiveSheet(); } function _getElementById(id){ return document.getElementById(id); }
<!doctype html> <html style="height:100%;font-size:14px;"> <head> <meta name="spreadjs culture" content="ja-jp" /> <meta charset="utf-8" /> <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0" /> <link rel="stylesheet" type="text/css" href="$DEMOROOT$/ja/purejs/node_modules/@grapecity/spread-sheets/styles/gc.spread.sheets.excel2013white.css"> <script src="$DEMOROOT$/ja/purejs/node_modules/@grapecity/spread-sheets/dist/gc.spread.sheets.all.min.js" type="text/javascript"></script> <script src="$DEMOROOT$/spread/source/data/data.js" type="text/javascript"></script> <script src="$DEMOROOT$/ja/purejs/node_modules/@grapecity/spread-sheets-resources-ja/dist/gc.spread.sheets.resources.ja.min.js" type="text/javascript"></script> <script src="$DEMOROOT$/spread/source/js/license.js" type="text/javascript"></script> <script src="app.js" type="text/javascript"></script> <link rel="stylesheet" type="text/css" href="styles.css"> </head> <body> <div class="sample-tutorial"> <div id="ss" class="sample-spreadsheets"></div> <div class="options-container"> <div class="option-row"> <label>スクロールチップを表示する:</label> <select id="optShowScrollTip" > <option value="0" selected="selected">None</option> <option value="1">Horizontal</option> <option value="2">Vertical</option> <option value="3">Both</option> </select> </div> <hr> <div class="option-row"> <input type="checkbox" id="showHorizontalScrollbar" checked="checked" /> <label for="showHorizontalScrollbar">水平スクロールバーを表示</label> </div> <div class="option-row"> <input type="checkbox" id="showVerticalScrollbar" checked="checked" /> <label for="showVerticalScrollbar">垂直スクロールバーを表示</label> </div> <div class="option-row"> <input type="checkbox" id="scrollbarMaxAlign"> <label for="scrollbarMaxAlign">スクロールバーを最大位置に揃えて表示</label> </div> <label >このオプションを設定すると、最後の行/列までしかスクロールできなくなります。</label> <div class="option-row"> <input type="checkbox" id="scrollbarShowMax" checked="checked"> <label for="scrollbarShowMax">スクロールバーを最大表示</label> </div> <label >このオプションを設定すると、スクロールバーに最大限のスクロールスペースが表示されます。</label> <hr> <div class="option-row"> <input type="checkbox" id="scrollIgnoreHidden"> <label for="scrollIgnoreHidden">スクロール時に非表示領域を無視</label> </div> </div> </div> </body> </html>
.sample-tutorial { position: relative; height: 100%; overflow: hidden; } .sample-spreadsheets { width: calc(100% - 280px); height: 100%; overflow: hidden; float: left; } .options-container { float: right; width: 280px; padding: 12px; height: 100%; box-sizing: border-box; background: #fbfbfb; overflow: auto; } .option-row { font-size: 14px; padding: 5px; margin-top: 10px; } label { margin-bottom: 6px; } input { padding: 4px 6px; } input[type=button] { margin-top: 6px; display: block; } hr { border-color: #fff; opacity: .2; margin-top: 20px; } body { position: absolute; top: 0; bottom: 0; left: 0; right: 0; }