散布図スパークライン

散布図スパークラインを使用すると、科学的、統計的、または工学的なデータなどの数値を比較できます。

<p>数式にScatterSparkline関数を使用することで、散布図スパークラインを作成できます。構文は次のとおりです。<strong>=SCATTERSPARKLINE(points1, points2?, minX?, maxX?, minY?, maxY?, hLine?, vLine?, xMinZone?, xMaxZone?, yMinZone?, yMaxZone?, tags?, drawSymbol?, drawLines?, color1?, color2?, dash?)</strong></p> <p>有効なパラメータは次のとおりです。</p> <p><strong>points1</strong>: <em>x</em>および<em>y</em>データの1番目の系列。「H1:I3」などの値の範囲です。行数が列数と同じか、より大きい場合は、先頭2列のデータが使用されます。1番目の列は<em>x</em>値を、2番目の列は<em>y</em>値を保持します。それ以外の場合は、先頭2行のデータが使用されます。1番目の行は<em>x</em>値を、2番目の行は<em>y</em>値を保持します。</p> <p><strong>points2</strong>: (オプション)<em>x</em>および<em>y</em>データの2番目の系列。「H4:I6」などの値の範囲です。行数が列数と同じか、より大きい場合は、先頭2列のデータが使用されます。1番目の列は<em>x</em>値を、2番目の列は<em>y</em>値を保持します。それ以外の場合は、先頭2行のデータが使用されます。1番目の行は<em>x</em>値を、2番目の行は<em>y</em>値を保持します。</p> <p><strong>minX</strong>: (オプション)両系列の<em>x</em>下限値。このオプションを指定しない場合は、系列ごとに個々の最小値が使用されます。</p> <p><strong>maxX</strong>: (オプション)両系列の<em>x</em>上限値。このオプションを指定しない場合は、系列ごとに個々の最大値が使用されます。</p> <p><strong>minY</strong>: (オプション)両系列の<em>y</em>下限値。このオプションを指定しない場合は、系列ごとに個々の最小値が使用されます。</p> <p><strong>maxY</strong>: (オプション)両系列の<em>y</em>上限値。このオプションを指定しない場合は、系列ごとに個々の最大値が使用されます。</p> <p><strong>hLine</strong>: (オプション)水平軸の位置。このオプションを指定しない場合は、水平軸は表示されません。</p> <p><strong>vLine</strong>: (オプション)垂直軸の位置。このオプションを指定しない場合は、垂直軸は表示されません。</p> <p><strong>xMinZone</strong>: (オプション)グレーゾーンの<em>x</em>最小値。グレーゾーンを定義する、これらの4つのパラメータのうち1つでも省略されていると、グレーゾーンは表示されません。</p> <p><strong>xMaxZone</strong>: (オプション)グレーゾーンの<em>x</em>最大値。グレーゾーンを定義する、これらの4つのパラメータのうち1つでも省略されていると、グレーゾーンは表示されません。</p> <p><strong>yMinZone</strong>: (オプション)グレーゾーンの<em>y</em>最小値。グレーゾーンを定義する、これらの4つのパラメータのうち1つでも省略されていると、グレーゾーンは表示されません。</p> <p><strong>yMaxZone</strong>: (オプション)グレーゾーンの<em>y</em>最大値。グレーゾーンを定義する、これらの4つのパラメータのうち1つでも省略されていると、グレーゾーンは表示されません。</p> <p><strong>tags</strong>: (オプション)trueに設定すると、第1系列の<em>y</em>値が最大となるデータ点が「#0000FF」に、第1系列の<em>y</em>値が最小となるデータ点が「#CB0000」にマークされます。デフォルト値はfalseです。</p> <p><strong>drawSymbol</strong>: (オプション)trueに設定すると、各データ点が記号として描画されます。第1系列のデータ点は丸で、第2系列のデータ点は四角で表されます。デフォルト値はtrueです。</p> <p><strong>drawLines</strong>: (オプション)trueに設定すると、各データ系列内のデータ点が線でつながれます。デフォルト値はfalseです。</p> <p><strong>color1</strong>: (オプション)1番目のデータ系列の色を表す文字列。デフォルト値は「#969696」です。</p> <p><strong>color2</strong>: (オプション)2番目のデータ系列の色を表す文字列。デフォルト値は「#CB0000」です。</p> <p><strong>dash</strong>: (オプション)trueに設定すると、線が点線として描画されます。そうでない場合は実線で描画されます。デフォルト値はfalseです。</p>
window.onload = function () { var spread = new GC.Spread.Sheets.Workbook(document.getElementById("ss")); initSpread(spread); }; function initSpread(spread) { var spreadNS = GC.Spread.Sheets; var sheet = spread.sheets[0]; sheet.suspendPaint(); sheet.addSpan(0, 0, 1, 5); sheet.getCell(0, 0).value("Particulate Levels in Rainfall").font("20px Arial").hAlign(spreadNS.HorizontalAlign.center).vAlign(spreadNS.VerticalAlign.center); var table1 = sheet.tables.add("table1", 1, 0, 10, 5, spreadNS.Tables.TableThemes.medium4); table1.rowFilter().filterButtonVisible(false); sheet.setArray(1, 0, [ ["Daily rainfall", "Particulate level", "Daily rainfall1", "Temperature", "Diagram"], [2.0, 100, 2.0, 15], [2.5, 130, 2.5, 12], [3.0, 120, 3.0, 11], [3.5, 140, 3.5, 9], [4.0, 120, 4.0, 10], [4.5, 110, 4.5, 10], [5.0, 110, 5.0, 9], [5.5, 105, 5.5, 9], [6.0, 100, 6.0, 8] ]); sheet.addSpan(2, 4, 9, 1); sheet.setFormula(2, 4, '=SCATTERSPARKLINE(A3:B11,C3:D11,,,,,AVERAGE(B3:B11),AVERAGE(A3:A11),,,,,TRUE,TRUE,TRUE,"green",,TRUE)'); sheet.setRowHeight(0, 50); for (var i = 1; i < 11; i++) { sheet.setRowHeight(i, 25); } sheet.setColumnWidth(0, 120); sheet.setColumnWidth(1, 120); sheet.setColumnWidth(2, 120); sheet.setColumnWidth(3, 120); sheet.setColumnWidth(4, 200); sheet.setColumnVisible(2, false); sheet.resumePaint(); };
<!doctype html> <html style="height:100%;font-size:14px;"> <head> <meta name="spreadjs culture" content="ja-jp" /> <meta charset="utf-8" /> <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0" /> <link rel="stylesheet" type="text/css" href="$DEMOROOT$/ja/purejs/node_modules/@grapecity/spread-sheets/styles/gc.spread.sheets.excel2013white.css"> <script src="$DEMOROOT$/ja/purejs/node_modules/@grapecity/spread-sheets/dist/gc.spread.sheets.all.min.js" type="text/javascript"></script> <script src="$DEMOROOT$/ja/purejs/node_modules/@grapecity/spread-sheets-resources-ja/dist/gc.spread.sheets.resources.ja.min.js" type="text/javascript"></script> <script src="$DEMOROOT$/spread/source/js/license.js" type="text/javascript"></script> <script src="app.js" type="text/javascript"></script> <link rel="stylesheet" type="text/css" href="styles.css"> </head> <body> <div class="sample-tutorial"> <div id="ss" style="width:100%;height:100%"></div> </div> </body> </html>
.sample-tutorial { position: relative; height: 100%; overflow: hidden; } body { position: absolute; top: 0; bottom: 0; left: 0; right: 0; }