数式による標準スパークライン

数式を使用して、折れ線スパークライン、縦棒スパークライン、勝敗スパークラインなどのスパークラインを設定することができます。

<h1 id="数式による標準スパークライン">数式による標準スパークライン</h1> <p>以下の関数を数式に使用することで、折れ線スパークライン、縦棒スパークライン、または勝敗スパークラインを作成できます。<strong>=LINESPARKLINE(data, dataOrientation, dateAxisData?, dateAxisOrientation?, setting?), =COLUMNSPARKLINE(data, dataOrientation, dateAxisData?, dateAxisOrientation?, setting?), =WINLOSSSPARKLINE(data, dataOrientation, dateAxisData?, dateAxisOrientation?, setting?)</strong></p> <p>有効なパラメータは次のとおりです。</p> <p><strong>data</strong>: スパークラインのデータを表すセル範囲の参照。「A1:C3」など。</p> <p><strong>dataOrientation</strong>: スパークラインデータの方向を表す数値。次のいずれかです。</p> <ul> <li><strong>vertical - 0</strong></li> <li><strong>horizontal - 1</strong></li> </ul> <p><strong>dateAxisData</strong>: (オプション)スパークラインの日付軸データを表すセル範囲の参照。「D1:F3」など。</p> <p><strong>dateAxisOrientation</strong>: (オプション)スパークラインの日付軸の方向を表す数値。次のいずれかです。</p> <ul> <li><strong>vertical - 0</strong></li> <li><strong>horizontal - 1</strong></li> </ul> <p><strong>setting</strong>: (オプション)JSON書式を使用した文字列。個々の要素は、GC.Spread.Sheets.Sparklines.<strong>SparklineSetting</strong>と同じ定義を持ちます。</p> <p>作成したスパークラインに対しては、表示する値の種類(最大値、最小値、最初の値、最後の値、すべての負の値など)の定義、スパークラインの種類(折れ線、縦棒、勝敗)の変更、スタイルの適用、水平軸の表示/非表示の切り替えなどを行えます。</p> <p>折れ線スパークラインでは、一部、またはすべてのマーカーを表示して、個々のデータマーカー(値)を強調できます。</p> <ul> <li><strong>showFirst:このスパークライングループにおいて、どのスパークラインでも、最初のデータポイントだけを異なる書式で表示するかどうかを指定します。</strong></li> <li><strong>showHigh:このスパークライングループにおいて、どのスパークラインでも、最も高い値のデータポイントだけを異なる書式で表示するかどうかを指定します。</strong></li> <li><strong>showLast:このスパークライングループにおいて、どのスパークラインでも、最後のデータポイントだけを異なる書式で表示するかどうかを指定します。</strong></li> <li><strong>showLow:このスパークライングループにおいて、どのスパークラインでも、最も低い値のデータポイントだけを異なる書式で表示するかどうかを指定します。</strong></li> <li><strong>showNegative:このスパークライングループにおいて、どのスパークラインでも、負のデータポイントだけを異なる書式で表示するかどうかを指定します。</strong></li> <li><strong>showMarkers:このスパークライングループにおいて、各スパークラインにデータマーカーを表示するかどうかを指定します。</strong></li> </ul> <p>スパークラインのスタイルおよび書式を変更するには、以下のプロパティを使用します。</p> <ul> <li><strong>axisColor:軸の色</strong></li> <li><strong>firstMarkerColor:このスパークライングループに含まれる各スパークラインの、最初のデータポイントの色</strong></li> <li><strong>highMarkerColor:このスパークライングループに含まれる各スパークラインの、最大値のデータポイントの色</strong></li> <li><strong>lastMarkerColor:このスパークライングループに含まれる各スパークラインの、最後のデータポイントの色</strong></li> <li><strong>lowMarkerColor:このスパークライングループに含まれる各スパークラインの、最低値のデータポイントの色</strong></li> <li><strong>markersColor:このスパークライングループに含まれる各スパークラインの、データマーカーの色</strong></li> <li><strong>negativeColor:このスパークライングループに含まれる各スパークラインの、負の値のデータポイントの色</strong></li> <li><strong>seriesColor:このスパークライングループに含まれる各スパークラインの色</strong></li> </ul> <p>スパークラインでは、その他の設定も行えます。たとえば、グラフのデータ系列に、空の値が含まれていることがあります。<strong>displayEmptyCellsAs</strong>オプションを使用すると、次の例に示すように、空白のセルを表示する方法を指定できます。</p> <pre><code class="hljs js language-js"> <span class="hljs-keyword">var</span> setting = <span class="hljs-keyword">new</span> GC.Spread.Sheets.Sparklines.SparklineSetting(); setting.options.displayEmptyCellsAs = GC.Spread.Sheets.Sparklines.EmptyValueStyle.gaps; setting.options.rightToLeft = <span class="hljs-literal">true</span>; setting.options.displayHidden = <span class="hljs-literal">false</span>; setting.options.displayXAxis = <span class="hljs-literal">false</span> setting.options.lineWeight = <span class="hljs-number">2</span>; setting.options.manualMax = <span class="hljs-number">3</span>; setting.options.manualMin = <span class="hljs-number">1</span>; setting.options.markersColor = <span class="hljs-string">'Magenta'</span>; setting.options.maxAxisType = GC.Spread.Sheets.Sparklines.SparklineAxisMinMax.custom; setting.options.minAxisType = GC.Spread.Sheets.Sparklines.SparklineAxisMinMax.individual; </code></pre> <p>次のサンプルコードは、これらの設定を適用する方法を示します。</p> <pre><code class="hljs js language-js"> <span class="hljs-keyword">var</span> setting = <span class="hljs-keyword">new</span> GC.Spread.Sheets.Sparklines.SparklineSetting(); setting.options.showFirst = <span class="hljs-literal">true</span>; setting.options.showHigh = <span class="hljs-literal">true</span>; setting.options.displayXAxis = <span class="hljs-literal">true</span>; setting.options.axisColor = <span class="hljs-string">'Cyan'</span>; <span class="hljs-keyword">var</span> sparkline = sheet.getSparkline(<span class="hljs-number">11</span>, <span class="hljs-number">0</span>); sparkline.setting(setting); </code></pre>
window.onload = function () { var spread = new GC.Spread.Sheets.Workbook(document.getElementById("ss")); initSpread(spread); }; function initSpread(spread) { var spreadNS = GC.Spread.Sheets; var sheet = spread.sheets[0]; sheet.suspendPaint(); sheet.addSpan(0, 0, 1, 5); sheet.getCell(0, 0).value("The company revenue in 2014").font("20px Arial").hAlign(spreadNS.HorizontalAlign.center).vAlign(spreadNS.VerticalAlign.center); var table1 = sheet.tables.add("table1", 1, 0, 13, 5, spreadNS.Tables.TableThemes.medium4); table1.rowFilter().filterButtonVisible(false); sheet.setValue(1, 0, "Month"); sheet.setValue(1, 1, "Revenue"); sheet.setValue(1, 2, "Diagram 1"); sheet.setValue(1, 3, "Diagram 2"); sheet.setValue(1, 4, "Diagram 3"); for (var i = 2; i < 14; i++) { sheet.setValue(i, 0, new Date(2014, i - 1, 1)); } sheet.setFormatter(-1, 0, "mm/dd/yyyy"); sheet.setValue(2, 1, 10); sheet.setValue(3, 1, 20); sheet.setValue(4, 1, 50); sheet.setValue(5, 1, 100); sheet.setValue(6, 1, 30); sheet.setValue(7, 1, - 10); sheet.setValue(8, 1, -25); sheet.setValue(9, 1, 60); sheet.setValue(10, 1, 50); sheet.setValue(11, 1, 30); sheet.setValue(12, 1, 80); sheet.setValue(13, 1, 88); sheet.addSpan(2, 2, 12, 1); sheet.setFormula(2, 2, '=LINESPARKLINE(B3:B14,0,A3:A14,0,"{axisColor:rgb(255,255,0),firstMarkerColor:brown,highMarkerColor:red,lastMarkerColor:blue,lowMarkerColor:green,markersColor:purple,negativeColor:yellowgreen,seriesColor:pink,displayXAxis:true,showFirst:true,showHigh:true,showLast:true,showLow:true,showNegative:true,showMarkers:true,lineWeight:3,displayHidden:false,displayEmptyCellsAs:1,rightToLeft:false,minAxisType:1,maxAxisType:1,manualMax:5,manualMin:-3}")'); sheet.addSpan(2, 3, 12, 1); sheet.setFormula(2, 3, '=COLUMNSPARKLINE(B3:B14,0,A3:A14,0,"{axisColor:rgb(255,255,0),firstMarkerColor:brown,highMarkerColor:red,lastMarkerColor:blue,lowMarkerColor:green,markersColor:purple,negativeColor:yellowgreen,seriesColor:pink,displayXAxis:true,showFirst:true,showHigh:true,showLast:true,showLow:true,showNegative:true,showMarkers:true,lineWeight:3,displayHidden:false,displayEmptyCellsAs:1,rightToLeft:false,minAxisType:1,maxAxisType:1,manualMax:5,manualMin:-3}")'); sheet.addSpan(2, 4, 12, 1); sheet.setFormula(2, 4, '=WINLOSSSPARKLINE(B3:B14,0,A3:A14,0)'); sheet.setRowHeight(0, 50); for (var i = 1; i < 14; i++) { sheet.setRowHeight(i, 15); } sheet.setColumnWidth(0, 80); sheet.setColumnWidth(2, 200); sheet.setColumnWidth(3, 200); sheet.setColumnWidth(4, 200); sheet.resumePaint(); };
<!doctype html> <html style="height:100%;font-size:14px;"> <head> <meta name="spreadjs culture" content="ja-jp" /> <meta charset="utf-8" /> <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0" /> <link rel="stylesheet" type="text/css" href="$DEMOROOT$/ja/purejs/node_modules/@grapecity/spread-sheets/styles/gc.spread.sheets.excel2013white.css"> <script src="$DEMOROOT$/ja/purejs/node_modules/@grapecity/spread-sheets/dist/gc.spread.sheets.all.min.js" type="text/javascript"></script> <script src="$DEMOROOT$/ja/purejs/node_modules/@grapecity/spread-sheets-resources-ja/dist/gc.spread.sheets.resources.ja.min.js" type="text/javascript"></script> <script src="$DEMOROOT$/spread/source/js/license.js" type="text/javascript"></script> <script src="app.js" type="text/javascript"></script> <link rel="stylesheet" type="text/css" href="styles.css"> </head> <body> <div class="sample-tutorial"> <div id="ss" style="width:100%;height:100%"></div> </div></body> </html>
.sample-tutorial { position: relative; height: 100%; overflow: hidden; } body { position: absolute; top: 0; bottom: 0; left: 0; right: 0; }