概要と基本的な使い方

シートに数千行規模のデータが含まれているとしたら、未加工の情報を検証するだけでは、パターンや傾向を読み取ることは至難の業でしょう。スパークライン同様、条件付き書式は、データを視覚化し、理解しやすいシートを構築するための1つの手段となります。