ドロップダウンスライダー

ドロップダウンスライダーを使用すると、セルに現在の値を入力する動的範囲のスライダーを追加できます。

ドロップダウンスライダーはSpreadJSで利用可能なドロップダウンの一つで、ユーザーはスタイルで定義されたスライダーでデータを簡単に選択できます。 SpreadJSでは、8種類の組み込みドロップダウンメニューを使用でき、これはスライダーの機能を提供します。スライダーを開く前に、セルのスタイルでオプションデータを設定する必要があります。 次のようなコードでドロップダウンスライダーを使用できます: 以下のオプションを設定することで、スライダーの形式をカスタマイズできます: scaleVisible: boolean : スライダーのつまみの移動を目盛りのみにするかどうかを指定します。デフォルト値はfalseです。 max: number : スライダーをスライドできる最大値。デフォルト値は100です。 min: number : スライダーをスライドできる最小値。デフォルト値は0です。 step: number : スライダーがステップ実行できる値を指定します。デフォルト値は1です。 tooltipVisible: boolean : ツールチップの表示方法を指定します。trueの場合にはツールチップは常に表示されます。falseの場合にはドラッグまたはホバー時に表示されます。デフォルト値はfalseです。 width: number : 方向が水平の場合のスライダーの幅を指定します。デフォルト値は350です。 height: number : 方向が垂直の場合のスライダーの高さを指定します。デフォルト値は350です。 direction: "horizontal" | "vertical" : スライダーの方向を指定します。デフォルト値は水平です。 marks: number[] : スライダーの目盛りにマークを指定します。マークの種類には値とラベルがあります。 formatString: string : ツールチップまたはマークに使用される表示書式を指定します。
var spreadNS = GC.Spread.Sheets; window.onload = function () { var spread = new GC.Spread.Sheets.Workbook(document.getElementById("ss")); initSpread(spread); }; function createSliderStyle(option) { let sliderStyle = new GC.Spread.Sheets.Style(); sliderStyle.cellButtons = [{ imageType: GC.Spread.Sheets.ButtonImageType.dropdown, command: "openSlider", useButtonStyle: true }]; sliderStyle.dropDowns = [{ type: GC.Spread.Sheets.DropDownType.slider, option: option }]; return sliderStyle } function initSpread(spread) { var sheet = spread.getSheet(0); sheet.suspendPaint(); sheet.setText(2, 7, "Horizontal Number Slider"); sheet.setStyle(3, 7, createSliderStyle({ marks: [0, 50, 100], step: 10, direction: GC.Spread.Sheets.LayoutDirection.horizontal, })); sheet.setText(2, 12, "Vertical Temperature Slider"); sheet.setStyle(3, 12, createSliderStyle({ max: 45, min: 32, marks: ["36"], step: 1, direction: GC.Spread.Sheets.LayoutDirection.vertical, formatString: "0°C" })); sheet.resumePaint(); spread.commandManager().execute({ cmd: "openSlider", row: 3, col: 7, sheetName: "Sheet1" }); // spread.commandManager().execute({cmd:"openSlider",row:3,col:12,sheetName:"Sheet1"}); }
<!doctype html> <html style="height:100%;font-size:14px;"> <head> <meta name="spreadjs culture" content="ja-jp" /> <meta charset="utf-8" /> <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0" /> <link rel="stylesheet" type="text/css" href="$DEMOROOT$/ja/purejs/node_modules/@grapecity/spread-sheets/styles/gc.spread.sheets.excel2013white.css"> <script src="$DEMOROOT$/ja/purejs/node_modules/@grapecity/spread-sheets/dist/gc.spread.sheets.all.min.js" type="text/javascript"></script> <script src="$DEMOROOT$/ja/purejs/node_modules/@grapecity/spread-sheets-resources-ja/dist/gc.spread.sheets.resources.ja.min.js" type="text/javascript"></script> <script src="$DEMOROOT$/spread/source/js/license.js" type="text/javascript"></script> <script src="app.js" type="text/javascript"></script> <link rel="stylesheet" type="text/css" href="styles.css"> </head> <body> <div class="sample-tutorial"> <div id="ss" style="width:100%; height: 100%"></div> </div> </body> </html>
.sample-tutorial { position: relative; height: 100%; overflow: hidden; } body { position: absolute; top: 0; bottom: 0; left: 0; right: 0; }