アクション

コメントは、ドラッグアンドドロップ、サイズ変更、移動など、さまざまなアクションをサポートします。

<p>以下のキーを使用して、コメントに対するアクションを実行できます。</p> <ul> <li><strong>Esc: コメント編集中に押下するとコメントは選択状態となります。 この状態で再度押下するとコメントの選択状態が解除されます。</strong></li> <li><strong>Delete: コメント選択時に押下するとコメントが削除されます。</strong></li> <li><strong>Up: コメント選択時に押下するとコメントが上方向に移動します。</strong></li> <li><strong>Down: コメント選択時に押下するとコメントが下方向に移動します。</strong></li> <li><strong>Left: コメント選択時に押下するとコメントが左方向に移動します。</strong></li> <li><strong>Right: コメント選択時に押下するとコメントが右方向に移動します。</strong></li> </ul> <p>マウス操作によってコメントを処理することもできます。コメントを選択すると、位置インジケータ、および8つのサイズ変更インジケータが表示されます。サイズ変更インジケータをドラッグすると、コメントのサイズを変更できます。コメントをドラッグして、任意の位置にドロップすることもできます。</p>
window.onload = function () { var spread = new GC.Spread.Sheets.Workbook(document.getElementById("ss")); initSpread(spread); }; function initSpread(spread) { var sheet = spread.getSheet(0); sheet.addSpan(1, 1, 1, 6); sheet.setValue(1, 1, "you can drag to resize the comment"); var comment = sheet.comments.add(1, 1, "new comment!"); comment.displayMode(GC.Spread.Sheets.Comments.DisplayMode.alwaysShown); };
<!doctype html> <html style="height:100%;font-size:14px;"> <head> <meta name="spreadjs culture" content="ja-jp" /> <meta charset="utf-8" /> <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0" /> <link rel="stylesheet" type="text/css" href="$DEMOROOT$/ja/purejs/node_modules/@grapecity/spread-sheets/styles/gc.spread.sheets.excel2013white.css"> <script src="$DEMOROOT$/ja/purejs/node_modules/@grapecity/spread-sheets/dist/gc.spread.sheets.all.min.js" type="text/javascript"></script> <script src="$DEMOROOT$/ja/purejs/node_modules/@grapecity/spread-sheets-resources-ja/dist/gc.spread.sheets.resources.ja.min.js" type="text/javascript"></script> <script src="$DEMOROOT$/spread/source/js/license.js" type="text/javascript"></script> <script src="app.js" type="text/javascript"></script> <link rel="stylesheet" type="text/css" href="styles.css"> </head> <body> <div class="sample-tutorial"> <div id="ss" style="width:100%; height:100%;border: 1px solid gray;"></div> </div> </body> </html>
.sample-tutorial { position: relative; height: 100%; overflow: hidden; } body { position: absolute; top: 0; bottom: 0; left: 0; right: 0; }