未入力時の表示

複数行テキストコントロールには、未入力のときに代替文字を表示する機能を搭載しています。 未入力時に表示する代替テキスト 以下のメソッドを使用することで、コントロールが未入力のときに代わりに表示するテキスト(ウォーターマーク)を設定することができます。 メソッド 代替テキストの内容 setWatermarkDisplayNullText コントロールにフォーカスがなく、未入力のときの代替テキスト setWatermarkNullText コントロールにフォーカスがあり、未入力のときの代替テキスト
import '@grapecity/inputman/CSS/gc.inputman-js.css'; import { InputMan } from '@grapecity/inputman'; import './styles.css'; const gcMultiLineTextBox = new InputMan.GcMultiLineTextBox(document.getElementById('gcMultiLineTextBox'), { // フォーカスがないときの代替テキスト watermarkDisplayNullText: '住所', // フォーカスがあるときの代替テキスト watermarkNullText: '全角で入力してください' });
<!DOCTYPE html> <html> <head> <meta charset="UTF-8"> <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0"> <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="ie=edge"> <title>複数行テキストコントロール - 未入力時の表示</title> <!-- SystemJS --> <script src="node_modules/systemjs/dist/system.src.js"></script> <script src="systemjs.config.js"></script> <script> System.import('./src/app'); </script> </head> <body> <textarea id="gcMultiLineTextBox" style="width: 200px;"></textarea> </body> </html>
/* ウォーターマークのスタイル */ .gcim_watermark_null textarea{ color: lightgrey; }
System.config({ transpiler: 'plugin-babel', babelOptions: { es2015: true }, meta: { '*.css': { loader: 'css' } }, paths: { // paths serve as alias 'npm:': 'node_modules/' }, // map tells the System loader where to look for things map: { '@grapecity/inputman': 'npm:@grapecity/inputman/index.js', '@grapecity/inputman/CSS': 'npm:@grapecity/inputman/CSS', 'css': 'npm:systemjs-plugin-css/css.js', 'plugin-babel': 'npm:systemjs-plugin-babel/plugin-babel.js', 'systemjs-babel-build': 'npm:systemjs-plugin-babel/systemjs-babel-browser.js' }, // packages tells the System loader how to load when no filename and/or no extension packages: { src: { defaultExtension: 'js' }, "node_modules": { defaultExtension: 'js' }, } });