ドロップダウンピッカー

日付時刻コントロールには、日付や時刻をスクロールすることで入力できる日付時刻ピッカーをドロップダウン表示させることが可能です。 概要 日付時刻コントロールのaddDropDownメソッドを実行して、第2引数にDropDownType.Pickerを指定すると、ドロップダウンボタンの押下により、日付時刻ピッカーが表示されます。この日付時刻ピッカーは、コントロールへの視覚的な日付・時刻入力を可能にする入力補助機能で、特にタッチデバイスでの操作がより快適になります。なお、日付時刻ピッカーでの値選択のスクロールは、タッチによるスワイプ操作とマウスホイールの両方で可能です。 また、addDropDownメソッドで取得できるGcDateTimePickerオブジェクトのメソッドを使用することで、日付・時刻ピッカーに対して、以下のようなカスタマイズを行うことも可能です。 設定可能な値を日付・時刻のいずれかのみに制限する。 入力可能な最大日付・最小日付を設定する。 時刻の分・秒の間隔を設定する。 種類 setPickerTypeメソッドを日付・時刻ピッカーで設定可能な値の種類を設定できます。setPickerTypeメソッドに設定できる値(PickerType列挙体)は、以下の通りです。 値 説明 Date 日付のみを表示します。 DateTime 日付と時刻の両方を表示します。(既定値) Time 時刻のみを表示します。 以下のサンプルコードでは、日付・時刻ピッカーで設定可能な値を「日付」のみに設定しています。 最小日付・最大日付 日付・時刻ピッカーでは設定可能な日付の範囲を設定することが可能です。setMinDateメソッドで最小日付を、setMaxDateメソッドで最大日付を設定できます。 以下のサンプルコードでは、日付・時刻ピッカーで設定可能な値を2018年度内の日付に設定しています。 分・秒の間隔 日付・時刻ピッカーで時刻を設定する場合、ピッカー上で選択する分・秒の間隔を設定できます。setMinuteIntervalメソッドで「分」の間隔を、setSecondsIntervalメソッドで「秒」の間隔を設定可能です。これらのメソッドで設定できる値(Interval列挙体)は、以下の通りです。 値 説明 Default デフォルトのインターバル。1分または1秒ごとに表示します。 IntervalOf10 10分、10秒の間隔で表示します。 IntervalOf15 15分、15秒の間隔で表示します。 IntervalOf20 20分、20秒の間隔で表示します。 IntervalOf30 30分、30秒の間隔で表示します。 IntervalOf5 5分、5秒の間隔で表示します。 以下のサンプルコードでは、日付・時刻ピッカーで設定可能な時刻の間隔をそれぞれ「5分」と「30秒」に設定しています。 ドロップダウン操作 コントロールがフォーカスを取得したときに自動的にドロップダウンを開くには、引数にtrueを指定してsetAutoDropDownメソッドを実行します。 任意のタイミングで手動でドロップダウンを開くには、ドロップダウンウィンドウ(getDropDownWindowメソッドで取得します)のopenメソッドを実行します。また、ドロップダウンを開くにはcloseメソッドを実行します。 ドロップダウンボタン ドロップダウンボタンの表示有無は、setDropDownButtonVisibleメソッドで設定することが可能です。引数をtrueに設定すると、ドロップダウンボタンが表示されます。(既定値はtrueです。) ドロップダウンの方向 ドロップダウンは通常コントロールの下に表示されますが、コントロールの下にドロップダウンを表示できる十分なスペースがない場合は、ドロップダウンがコントロールの上に表示されます。ドロップダウンの表示スペースを判定するとき、既定ではWebページ本体(body要素)をコンテナとして扱いますが、setContainerメソッドで任意の要素をコンテナとして指定することも可能です。
import '@grapecity/inputman/CSS/gc.inputman-js.css'; import './styles.css'; import { InputMan } from '@grapecity/inputman'; const gcDateTime1 = new InputMan.GcDateTime(document.getElementById('gcDateTime1'), { container: document.getElementById('container1') }); const gcDateTime2 = new InputMan.GcDateTime(document.getElementById('gcDateTime2'), { container: document.getElementById('container2') }); const picker1 = gcDateTime1.addDropDown(InputMan.DropDownButtonAlignment.RightSide, InputMan.DateDropDownType.Picker); const picker2 = gcDateTime2.addDropDown(InputMan.DropDownButtonAlignment.RightSide, InputMan.DateDropDownType.Picker); document.getElementById('setPickerType').addEventListener('change', (e) => { picker1.setPickerType(pickerTypes[e.target.selectedIndex]); picker2.setPickerType(pickerTypes[e.target.selectedIndex]); }); const minDate = new InputMan.GcDateTime(document.getElementById('minDate'), { displayFormatPattern: 'yyy/MM/dd', formatPattern: 'yyy/MM/dd', showDropDownButton: true, dropDownConfig: { dropDownType: InputMan.DateDropDownType.Calendar } }); minDate.setValue(null); minDate.onValueChanged((control, args) => { picker1.setMinDate(minDate.getValue()); picker2.setMinDate(minDate.getValue()); }); const maxDate = new InputMan.GcDateTime(document.getElementById('maxDate'), { displayFormatPattern: 'yyy/MM/dd', formatPattern: 'yyy/MM/dd', showDropDownButton: true, dropDownConfig: { dropDownType: InputMan.DateDropDownType.Calendar } }); maxDate.setValue(null); maxDate.onValueChanged((control, args) => { picker1.setMaxDate(maxDate.getValue()); picker2.setMaxDate(maxDate.getValue()); }); document.getElementById('setMinuteInterval').addEventListener('change', (e) => { picker1.setMinuteInterval(intervals[e.target.selectedIndex]); picker2.setMinuteInterval(intervals[e.target.selectedIndex]); }); document.getElementById('setSecondsInterval').addEventListener('change', (e) => { picker1.setSecondsInterval(intervals[e.target.selectedIndex]); picker2.setSecondsInterval(intervals[e.target.selectedIndex]); }); const pickerTypes = [ InputMan.PickerType.DateTime, InputMan.PickerType.Date, InputMan.PickerType.Time ]; const intervals = [ InputMan.Interval.Default, InputMan.Interval.IntervalOf5, InputMan.Interval.IntervalOf10, InputMan.Interval.IntervalOf15, InputMan.Interval.IntervalOf20, InputMan.Interval.IntervalOf30 ]; document.getElementById('openOnFocus').addEventListener('change', (e) => { gcDateTime1.setAutoDropDown(e.target.checked); gcDateTime2.setAutoDropDown(e.target.checked); }); document.getElementById('open').addEventListener('click', (e) => { gcDateTime1.getDropDownWindow().open(); gcDateTime2.getDropDownWindow().open(); }); document.getElementById('close').addEventListener('click', (e) => { gcDateTime1.getDropDownWindow().close(); gcDateTime2.getDropDownWindow().close(); }); document.getElementById('setDropDownButtonVisible').addEventListener('change', (e) => { gcDateTime1.setDropDownButtonVisible(e.target.checked); gcDateTime2.setDropDownButtonVisible(e.target.checked); });
<!DOCTYPE html> <html> <head> <meta charset="UTF-8"> <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0"> <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="ie=edge"> <title>日付時刻コントロール - ドロップダウンピッカー</title> <!-- SystemJS --> <script src="node_modules/systemjs/dist/system.src.js"></script> <script src="systemjs.config.js"></script> <script> System.import('./src/app'); </script> </head> <body> <div class="flexbox"> <div id="container1"> <p>ドロップダウンが下に表示されます。</p> <input id="gcDateTime1"> </div> <div id="container2"> <p>ドロップダウンが上に表示されます。</p> <input id="gcDateTime2"> </div> </div> <table class="sample"> <tr> <th>種類</th> <td> <select id="setPickerType"> <option>日付と時刻</option> <option>日付</option> <option>時刻</option> </select> </td> </tr> <tr> <th>最小日付</th> <td> <input id="minDate"> </td> </tr> <tr> <th>最大日付</th> <td> <input id="maxDate"> </td> </tr> <tr> <th>分の間隔</th> <td> <select id="setMinuteInterval"> <option>1分</option> <option>5分</option> <option>10分</option> <option>15分</option> <option>20分</option> <option>30分</option> </select> </td> </tr> <tr> <th>秒の間隔</th> <td> <select id="setSecondsInterval"> <option>1秒</option> <option>5秒</option> <option>10秒</option> <option>15秒</option> <option>20秒</option> <option>30秒</option> </select> </td> </tr> <tr> <th>フォーカス時のドロップダウン操作</th> <td> <label><input type="checkbox" id="openOnFocus">フォーカス時にドロップダウンを開く</label> </td> </tr> <tr> <th>コードによるドロップダウン操作</th> <td> <button id="open">ドロップダウンを開く</button> <button id="close">ドロップダウンを閉じる</button> </td> </tr> <tr> <th>ドロップダウンボタンの表示</th> <td> <label><input type="checkbox" id="setDropDownButtonVisible" checked>ドロップダウンボタンを表示する</label> </td> </tr> </table> </body> </html>
.flexbox { display: flex; flex-wrap: wrap; } .flexbox > div { height: 350px; width: 300px; background-color: #f8f8f8; } #container2 > p { margin-top: 250px; } .gcim-calendar__outter-container table>tr>* { padding: 0px; border: 0px; }
System.config({ transpiler: 'plugin-babel', babelOptions: { es2015: true }, meta: { '*.css': { loader: 'css' } }, paths: { // paths serve as alias 'npm:': 'node_modules/' }, // map tells the System loader where to look for things map: { '@grapecity/inputman': 'npm:@grapecity/inputman/index.js', '@grapecity/inputman/CSS': 'npm:@grapecity/inputman/CSS', 'css': 'npm:systemjs-plugin-css/css.js', 'plugin-babel': 'npm:systemjs-plugin-babel/plugin-babel.js', 'systemjs-babel-build': 'npm:systemjs-plugin-babel/systemjs-babel-browser.js' }, // packages tells the System loader how to load when no filename and/or no extension packages: { src: { defaultExtension: 'js' }, "node_modules": { defaultExtension: 'js' }, } });