BoldItalicEmulation.vb
'' 
'' このコードは、DioDocs for PDF のサンプルの一部として提供されています。
'' Copyright (c) GrapeCity inc. All rights reserved.
'' 
Imports System.IO
Imports System.Drawing
Imports GrapeCity.Documents.Pdf
Imports GrapeCity.Documents.Text
Imports GCTEXT = GrapeCity.Documents.Text
Imports GCDRAW = GrapeCity.Documents.Drawing

'' 通常のフォントを使用するときに太字または斜体のエミュレーションを制御する方法を示します。
Public Class BoldItalicEmulation
    Function CreatePDF(ByVal stream As Stream) As Integer
        Dim fc = New FontCollection()
        fc.RegisterDirectory(Path.Combine("Resources", "Fonts"))
        Dim doc = New GcPdfDocument()
        Dim g = doc.NewPage().Graphics
        Dim rc = Util.AddNote(
            "TextFormat.FontStyleでは、太字または斜体のフォントを適用するのではなく、" +
            "太字または斜体のエミュレーションを有効にすることができます。", doc.Pages.Last)
        '' テキストの挿入位置。
        Dim ip = New PointF(rc.Left, rc.Bottom + 36)
        Dim tf = New TextFormat()
        '' 非太字/非斜体のフォントを取得します。
        tf.Font = fc.FindFamilyName("Times New Roman", False, False)
        tf.FontSize = 16
        g.DrawString($"通常のフォント: {tf.Font.FullFontName}", tf, ip)
        ip.Y += 36
        '' 同じ(標準の)フォントを使用して、太字と斜体をエミュレートした文字列を描画します。
        tf.FontStyle = GCTEXT.FontStyle.Bold
        g.DrawString($"太字をエミュレーション: {tf.Font.FullFontName}", tf, ip)
        ip.Y += 36
        tf.FontStyle = GCTEXT.FontStyle.Italic
        g.DrawString($"斜体をエミュレーション: {tf.Font.FullFontName}", tf, ip)
        ip.Y += 36
        tf.FontStyle = GCTEXT.FontStyle.BoldItalic
        g.DrawString($"太字と斜体をエミュレーション: {tf.Font.FullFontName}", tf, ip)
        ip.Y += 36
        ''
        '' フォントの "実際の" 太字/斜体の変種を使用して、いくつかの文字列を描画します。
        tf.FontStyle = GCTEXT.FontStyle.Regular
        tf.Font = fc.FindFamilyName("Times New Roman", True, False)
        g.DrawString($"実際の太字フォントを適用: {tf.Font.FullFontName}", tf, ip)
        ip.Y += 36
        tf.Font = fc.FindFamilyName("Times New Roman", False, True)
        g.DrawString($"実際のフォントで斜体を適用: {tf.Font.FullFontName}", tf, ip)
        ip.Y += 36
        tf.Font = fc.FindFamilyName("Times New Roman", True, True)
        g.DrawString($"実際のフォントで太字を適用: {tf.Font.FullFontName}", tf, ip)
        ip.Y += 36
        ''
        '' PDF ドキュメントを保存します。
        doc.Save(stream)
        Return doc.Pages.Count
    End Function
End Class